数日前に、米国がUFO(未確認飛行物体)の調査を今でも続けているかもしれない・・・というニュースがありました。

UFO は、日本では「ユーフォー」と読みますが、英語圏では 「ユー・エフ・オー」 と読みます。

英語圏では、1960年代頃まで米空軍がユーフォーという読み方を使っていたそうですが、その後使わなくなり、例外なくユー・エフ・オーと読むようになりました。日本では初期に伝わったユーフォーという読み方が1970~1980年代に定着しました。

1970~1980年代、私は小~中学生でしたが、UFOやネス湖のネッシー、太くて短い蛇のような幻の生物「ツチノコ」、雪男、洞窟探検などに関するテレビ番組が盛んに放送されていたのを覚えています。

そうしたテレビ番組や、ピンクレディーのヒット曲「UFO」などもあり、日本ではユーフォーという読み方が不動の地位を確立しました。(あと、インスタント焼きそばも貢献しているかも!)

ちなみに、「ネス湖のネッシー」について英語で話をするときには、Loch Ness Monster(ロック・ネス・モンスター)と言わなければ通じません。Loch Ness が「ネス湖」に相当します。loch はスコットランドの言葉で、英語の lake に相当します。

ユーフォーかユー・エフ・オーか・・・という話で思い出すのが、全日空の略称ANAです。日本では多くの人が「アナ」と読みますが、英語圏では エー・エヌ・エー と読みます。というか、アナはもとより、エー・エヌ・エーと急に言われても航空会社のこととは分かりにくいので、ニュースなどでは All Nippon Airways という正式名称を使うのが一般的です。

スポンサーリンク


Tag:英語の.単語

何年も前からハマって抜けられない曲を貼り付けてみます。どれも、何度聞いても飽きないです。誰もが知っている名曲というわけでもないところが、自分でも不思議です。






上の3つは元気でノリノリの曲ですが、そうじゃない「しっとり系」のもあります。


最後に貼り付けるのは、比較的最近ハマった曲ですが、今後も飽きそうにないです。個人的には、イタリアらしいスケールの大きな曲だと思っています。




スポンサーリンク


最近、ニュースで聞く機会が多かった英語の人名に Harvey があります。

発音は ハーヴィー ですが、 今までずっと、ハーヴェイだと思っていたので、意外でした。

今まで気がつかなかったのは、実際に誰かが発音しているのを聞いたことがほとんどなかったからだと思います。

その実際の発音を、ヒューストンを襲ったハリケーン・ハーヴィーと、セクハラ映画プロデューサーの Harvey Weinstein のニュースで聞きました。

さらに、ケネディ大統領暗殺事件の捜査資料が公開されそうだというニュースでも、暗殺犯とされる Lee Harvey Oswald の名前が出てきたので、確認ができました。

特に最後の Lee Harvey Oswald は、リー・ハーヴェイ・オズワルドという表記で通っているので、実際の発音がハーヴィーであることが確認できて良かったです。

今回は偶然にいくつかのニュースが重なって Harvey の発音を知ることができましたが、もし辞書で調べていれば、一瞬で分かっていたはずです。

リー・ハーヴェイ・オズワルドというカタカナ表記は、実際の発音よりも、つづりのローマ字読みにつられた形です。ケネディ暗殺事件は1963年という50年以上も前のことなので、今よりもそういうことは多かっただろうと思います。

それで思い出すのが、Roosevelt という名前です。米国の第26代大統領 Theodore Roosevelt はルーズベルトと表記されることが多いですが、発音はローズベルトです。それが「ルーズベルト」になったのは、英語で o が2つ並んだ oo は「ウー」と発音することが多いからだと思います。

ちなみに、クマのぬいぐるみのテディ・ベアは、Theodore Roosevelt大統領のクマ狩りの話にちなんで作られたのが起源です(→ウィキペディア)。

スポンサーリンク


Tag:英語の.発音