おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

アートとポルノの境界線


アートとポルノの境界線はどこか・・・、いろんな意見や観点があって、面白い話題ですね。英会話クラスなどで、ディスカッションのテーマに使ってみるのもよさそうです。

以下の動画を見て、新たに知った単語が1つあります。prudish です。イギリスのビクトリア朝時代は prudish だったと言っています。

If you describe someone as prudish, you mean that they are too easily shocked by things relating to sex. (コウビルド英英辞典より) 

英和辞典には、(性的に)「お堅い」とか、「淑女ぶる」「とりすました」などと出ていました。


結論として、So it seems like the bottom line is, to most people, just like beauty, the line between art and pornography is in the eye of the beholder. と言っています。

be in the eye of the beholder見る人次第)という言い方は、私も前から使ってみたいと思っているのですが、まだチャンスがなくて、自分のものになっていません。

If you say that something such as beauty or art is in the eye of the beholder, you mean that it is a matter of personal opinion.
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索