アメリカのサブプライムローンの焦げ付きやリーマンショックから、今に続くいろいろな経済危機の原因の1つに、多くのアメリカ人が分不相応な多額の借金をして、たくさん浪費していたということもあったと理解しているのですが、それほど間違っていないですよね?

そんなことを思い出させるのが、以下のシャナイア・トゥエインの歌です。2002年にヒットしたみたいです。ちょっと早すぎたのかなあ・・・と思ったりもします。歌詞はこちらにあります。


ka-ching(カチーン)というのは、レジの機械(cash register)にお金を入れて機械を閉じたときの「カチャーン」という音のことだそうです(参考:12)。確かに、歌詞でも言っている通り気持ちのいい音で、聞くとリッチな気分になれるような気がします。シャナイアもバックコーラスも、しきりにカチーン!カチーン!と言っていますね。

この曲をダウンロード購入 → Shania Twain - Up! - Ka-Ching!
関連記事

Tag:音楽.ShaniaTwain iTunes


スポンサーリンク


コメント 0