英語の limb(リム)の最も一般的な意味は、腕や脚のことです。一人の人間はふつう腕2本と脚2本があって、これらをまとめて四肢と呼ぶこともありますが、この四肢の「肢」が、limb に相当します。

limb が出てくるイディオムで、go out on a limb があります。「危険を冒す」、「あえて危険な立場に立つ」、「引っ込みがつかないことをする」、「危ない橋を渡る」というような意味です。

If someone goes out on a limb, they do something they strongly believe in even though it is risky or extreme, and is likely to fail or be criticized by other people. (コウビルド英英辞典より) 

失敗したり批判されたりしそうな場合でも、強い信念に基づいて、危険な行動や過激な行動をする・・・ということですね。

実は limb には木の枝という意味もあって、それが、この go out on a limb のイメージにつながっています。木に登ったときに、太い幹にしがみついていれば安心ですが、枝の先の方に移動したり身を乗り出したりすると、木から落ちたり枝が折れたりする危険があります。

例えば、風で飛ばされた帽子が木の枝の先に引っ掛かっていて、周りにいる人たちがみんな「危ないからやめろ」と言っているのに、一人で木に登ってそれを取ろうとしているような状態は、まさに out on a limb だと思います。

◇All right, I'll do it. It's not the first time I've crawled out on a limb for you. わかった, やるよ。君のために危ない橋を渡るのは別にこれが初めてというわけでもないし。(新編英和活用大辞典より)

out on a limb
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0