おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

レーザー、レーダー、スキューバ


laser(レーザー)、radar(レーダー)、scuba(スキューバ)などは、複数の単語から構成される長い名前の各単語の頭文字を取って略してできている言葉です。こういう言葉は acronym(アクロニム)「頭字語」(とうじご)と呼ばれます。

私は、scuba = self-contained underwater breathing apparatus だったらすぐに思い出せます。もし訳すなら、完結型水中呼吸装置・・・のような感じでしょうか。ただ、laser と radar は、覚えられていません。

laser は、 light amplification by stimulated emission of radiation だそうです。英辞郎 on the Web には、「励起誘導放射による光増幅」という訳が出ていました。

radar は、radio detection and ranging(無線方向探知機)だそうです。意外と短くて覚えやすそうです。

acronym(頭字語)は、IBM(アイ・ビー・エム)やBBC(ビー・ビー・シー)などのように、アルファベットを1文字ずつ読む initialism(頭文字語)とは違うので、注意する必要があるようです。ただ、実際には、両者を区別せず、initialism のことも acronym と呼ぶ人も結構多いようです。acroym も initialism も、要するに略語だから、普段の会話では、略語(abbreviation)と呼ぶのが無難かもしれません。

日本には、NHK(日本放送協会)などのような日本語由来のアルファベットの頭文字語がありますが、外国人に説明しようと思ったら、難しそうです。

コンピュータープログラミング言語のBASICやFORTRANなども、acronym ですね。

An acronym is a word composed of the first letters of the words in a phrase, especially when this is used as a name. An example of an acronym is NATO which is made up of the first letters of the 'North Atlantic Treaty Organization'. (コウビルド英英辞典より)
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索