おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

少人数クラス向きの英語教材


現在、週2回開催中の英会話レッスンで、3月の1か月間だけ試験的に使ってみる教材本を紹介します。

Can You Believe It?
Can You Believe It?


クリックでAmzonに飛びます

題名が Can You Believe It? で、副題が Stories and Idioms from Real Life となっていて、ちょっと驚くような実話を英語で読みながら、イディオムを学ぶことができます。出てくる実話が面白かったり、心温まるエピソードだったりするので、これを題材にして自由に会話するのにも向いていると思います。カセットテープもありますが、なしでも十分使えます。中身を見てみたい人は、アメリカのAmazonのサイトのこの本のページでどうぞ。

ちなみに、2月まで使っていたテキスト A Year In The Life Of An Esl Student: Idioms And Vocabulary You Can't Live Without も、イディオム教材としては、なかなかよかったです。1レッスンのページ数が多すぎて、各レッスンの最初の対話文しか使いませんでしたが・・・。

4月以降のレッスンでは、日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス) を使う予定です。

レッスンの場所は大阪市内で、参加者を募集中です!詳しくは、こちらをご覧ください。
関連記事


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TOEIC対応リスニングパワーを30日聞き流すだけで英語耳と発音力が身につく日本人をバイリンガルにする方法

TOEIC対応リスニングパワーを30日聞き流すだけで英語耳と発音力が身につく日本人をバイリンガルにする方法アメリカ人言語学者のスコットペリーは、22年間にわたり2000人以上の日本人に英語発音を指導してきた経験をもっていて、日本人の発音矯正のテクニックや日?...

コメント

Can You Believe It?はアマゾンでも評価が高いですね。
「日本人でも・・・」は私も持っているのですが、イギリス英語のイディオムなども混じっていて混乱して数ページで止まってしまいました。
両方覚えて使い分けるだけの脳みそがないのです。まあ、アメリカ英語だけ選んで覚えればいいんですよね。また開いてみます(笑)
  • 2009-03-16│13:27 |
  • Jenny URL│
  • [edit]
Jennyさん

「日本人でも・・・」は、確かにイギリス風のイディオムもあって、付属のCDの発音も、全員ではないけど、イギリス風の発音の人がわりと多いように感じます。私も一人ではなかなか読み進められていないので、4月からのレッスンで使えるのを待っています。
  • 2009-03-16│14:28 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索