以下の動画を見ていて、歯に何か付いているとか、鼻から何かのぞいているというのを指摘できる親しさの度合いって、どれぐらいまでだろう・・・と、身の回りの人をいろいろと思い浮かべながら、考えてしまいました。

家族と同然の親しさの相手なら、歯も鼻もOKですが、まだちょっとよそよそしいところもあるような相手には、なかなか指摘しにくいと思います。また、こっちからは言いにくいと思っている相手に、逆に自分が指摘されたら、恥ずかしいだろうと思います。でも、その場合は、恥ずかしいながらも自分で笑って、それをきっかけに親密度がぐんとUP!・・・ということがありそうな気も、しないではありません。

他に同席している人がいるところで、他のメンバーにも分かるように指摘されたら、かなり恥ずかしいですね。


途中、「女性は口紅をチェックしているフリをして鼻をチェックできる」 という話に移るときに、 BTW(ビー・ティー・ダブリュー)と言っています。by the way = 「ところで」、のことです。文字にするとBTWは短縮になるけど、口で言うとかえって長くなるような気がしますが・・・。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 2

匿名  2009, 02. 24 (Tue) 07:13

好きな人の鼻毛ならOKという人もいるんじゃないでしょうか?私は厚化粧のほうが駄目です。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 02. 24 (Tue) 15:15

匿名さん

指摘するかどうかは、耐えられるかどうかにもよるのかもしれませんが、見て耐えるのも指摘するのもできないのが一番つらい状況ですね。厚化粧の場合は、よほど親しくても、指摘しにくそう・・・。

編集 | 返信 |