英会話レッスンのテキストに出てきた表現で、get in over one's head というのがありました。これは、「(無理をして)自分の技量・能力より難しいことをしようとする」という意味のようです。日本語では、「背伸びする」という言い方もしますよね。テキストの中では、スキーの初心者が上級者向けコースに挑戦するときに使っていました。

◇I got in over my head when I took that fourth year chemistry course. (大学?)4年生向けの化学の授業を取ったら、自分には難しすぎた。

なぜ get in なのかよく分からんなあ・・・と思っていて、レッスンのときにネイティブ講師に聞いてみたら、プールや海などの深くて足が付かないところに「入っていく」イメージではないか・・・ということでした。たしかに、そういうところでは、水面が頭より上(over your head)に来ますね。 

その後、どこかで似たようなのを聞いたことがあったなあ・・・と思っていたのですが、しばらくして思い出しました。out of one's depth です。これも、「自分が対応できる範囲を超えて」、より深いところに入るという感じです。以下、コウビルド英英辞典から引用しますが、1つ目は実際の水の中の話で、2つ目は比喩的な「能力以上」の意味です。

If you are out of your depth, you are in water that is deeper than you are tall, with the result that you cannot stand up with your head above water.

If you say that someone is out of their depth, you mean that they are in a situation that is much too difficult for them to be able to cope with it.

水深が背丈より深いところへ入ると、泳がない限りはあっぷあっぷしなければならず、かなり困った状態になります。ビジネスや家計などの文脈では、おもに経済的な困難に陥らないようにすることを、keep one's head above water と表現することがあります。英和辞典には、「借金せずに(失敗せずに)いる」、「なんとか生き延びる」とありました。

If you keep your head above water, you just avoid getting into difficulties; used especially to talk about business.

◇We are keeping our head above water, but our cash flow position is not too good.
我が社はなんとか持ちこたえているが、キャッシュフローはあまり良くない。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 8

Jenny  2009, 02. 20 (Fri) 13:29

over one's headで難しくて理解ができない、歯が立たないという意味になるとは知っていましたが、get inがつくのがあるんですね。
自分の能力以上のことをする、はbite off more than you can chewという表現がありますよね。
しっかりした資格をお持ちでプロとしてお仕事をされていてもこうやって日々勉強をされて、知らなかったフレーズと出会うんですね。
ってことは、私がわからないことだらけでも当たり前だわ!と変に納得しましたv-398(言い訳にもなりますが)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 02. 20 (Fri) 14:26

Jennyさん

確認してみたら、over one's head や above one's head だけのパターンが辞書に出ていました。get in が付いていないと、水深とは関係なく、自分の頭脳の能力を超えているという感じがしますね。
私がふだん翻訳の仕事で触れる英語は内容が偏っているので、英会話レッスンを受けると、必ずなにか発見があります。どこの国の言葉もそうなんでしょうけど、英語も奥が深いなあと思います。

編集 | 返信 |  

とら猫  2009, 02. 20 (Fri) 19:22

ホント、知らない単語、知らない表現っていうのは毎日のように出てきますよね……。新しい言い回しもどんどん増えてきますし。チャレンジングな仕事です、翻訳。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 02. 20 (Fri) 22:18

とら猫さん

そうですね。言葉は生き物といえばそうなのですが、わざと新しい言葉をどんどん作る人もいるみたいで、訳しにくい言葉だったりすと、ちょっと迷惑だなあ思ったりもします・・・。

編集 | 返信 |  

匿名  2009, 02. 26 (Thu) 18:03

...ひょっとして外国人が新しい言葉をつくってたりして、と思わないでもないです。チャット等で自信満々だときっと訂正できないですよね。(あ、自分のことか。汗)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 02. 26 (Thu) 19:19

匿名さん

外国人が新しい言葉や言い方を作るというのは、結構あると思います。Long time no see! などは、文法的に正しくないし、英語ネイティブじゃない人が言い出した可能性が高いと聞いたことがあります。

編集 | 返信 |  

ETCマンツーマン英会話  2013, 06. 21 (Fri) 16:14

depth

"out of one's depth 「自分が対応できる範囲を超えて」"
自分の能力、許容量をdepth(深さ)で表現するのは、なかなか日常で使うのは難しそうですね。紹介されている"水面が頭より上(over your head)" 背が立たないの方が、日本語の感覚に近いのかしっくり来ます。もっと勉強しますね。(^^;

編集 | 返信 |  

Applecheese  2013, 06. 25 (Tue) 15:04

No title

ETCマンツーマン英会話さん

この記事を書いてから4年になり、この表現もすっかり忘れてしまっていました。get in over one's head や、out of one's depth は、水の深みに入っていくイメージと結びつけると覚えやすそうです。

編集 | 返信 |