テレビの脚本家が番組で使おうと思ったけど、使われずにお蔵入りになったオチ(declined punchline)を紹介しています。

最初は、イランが、ミッキー・ロークの出ている映画に文句を付けたというネタです。イランは、他にも300という映画が反ペルシャ的だとか、80年代のフロック・オブ・シーガルズの曲が、「イランが遠すぎる」と歌っていると主張している・・・と言っています。この歌の歌詞には、♪And I ran, I ran so far away... という部分がありますが、Iran じゃなくて、I と ran の間には、スペースが入るんですけどね・・・。


2つ目は、香港で世界初の3Dポルノ映画を作ろうという話があるというネタです。3Dメガネの助けによって”俳優たち”が目の前に迫ってくることになりますが、実は3Dポルノはすでに作った人がいたと言っています。このネタのオチは、「ポルノ産業にも、まだ ふさがれていない穴 があったとは誰も気づかなかったということね」・・・というものです。・・・ううん・・・下品!日本語でも通じるオチだけど、笑いは取りにくいかなあ・・・。
関連記事

Tag:コメディ


スポンサーリンク


コメント 2

匿名  2009, 02. 13 (Fri) 23:07

来ましたね。シモネタ。
先日、applecheeseさんの過去のブログを読む機会があり、学校で何を専攻されたのか知ることができました。(私の実家の家業と共通する部分があり深く共感しました。)相変らずお元気そうなのでうれしいです。ではまた。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 02. 13 (Fri) 23:37

匿名さん

そういえば、今まで思いつきませんでしたが、「下ネタ」という「カテゴリー」を作ったら、10本ぐらいは入れられる記事がありそうです。たぶんしないと思いますが・・・。

学校の専攻と比べると、今はすっかり「畑違い」の仕事になってしまっています・・・そっちの方にも興味はあるんですけどね。

編集 | 返信 |