おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

テンションの高い日本語レッスン


最近よく聞く日本語の「テンションが高い」という言い方は、興奮度が高い、集中度(熱中度?)が高いという意味だと思いますが、英語の tension は、そういうニュアンスでは使えません。tension は、物理的な「引っ張り」や「張り」や「張力」か、あるいは国家間などの敵対的な「緊張状態」などにしか使えません。

そういう意味で、「テンションが高い」は、和製英語と言われても仕方がないのですが、便利なのでつい使いたくなりますよね。以下の動画は、Pretty Intense Japanese Lesson というタイトルなのですが、この intense のところは、「テンションが高い」と訳したい気分になります。


どうですか?私にとっては、これは、どちらかというと「テンションの高い英語レッスン」です。「あなたは毎日アニメを見ていますよね。なぜなら、今この動画で私の顔を見ている時点であなたはオタク(nerd)だからです。たぶん、ときどきアニメのキャラクターみたいに振る舞っているはずです。でも、いつもそうではないでしょう。特に、今この瞬間は違うでしょう・・・」

「私はリンゴが好きです。服もリンゴです。あなたもリンゴの服を持っていると思います。持ってないなら、今すぐ私の動画を見るのをやめてください」と言っていますが、その直後が聞き取れません。その後は、「猫がリンゴを食べたのはドラッグをやっているからです。猫にマリファナ(pot)入りのチョコレートクッキー(brownie)をやるのはやめてください」なんて言っています。

白い靴のくだりでは、「私は色があまりにも白いから、紙の上で私をスキャンしたらどこからどこまでが私の体か分かりません」と言っていますね。真っ白いところに、目とか鼻だけが浮かんでいるような感じでしょうか・・・。

Emily は、ブログMixi もやっていますが、YouTubeでは applemilk1988 という名前を使っています。私は彼女のことを知る前から Applecheese なのですが、ミルクが年を取ると私のようにチーズになるのかと、訳の分からないことを思ったりしています(・・・こんなことを言うと、また女性だと間違われてしまいそうですが、違います)。
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索