上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



bail(ベイル)は、「保釈金」です。誰かが保釈金を払うと、拘留されている逮捕者を外に出して自由にすることができます。以下のコウビルド英英辞典の説明を読んで、保釈制度について、今まで知らなかったことに気がつきました。

Bail is a sum of money that an arrested person or someone else puts forward as a guarantee that the arrested person will attend their trial in a law court. If the arrested person does not attend it, the money will be lost.

知らなかったのは、2つ目の文の内容です。本人が裁判に出なければ、保釈金は取り上げられる・・・ということです。私は、保釈金というのは、いかなる場合も払いっぱなしで、返ってこないものだと思っていました。でも、よく考えたら、払いっぱなしでどうせ返ってこないのなら、「なんとしても裁判に出なければ(出させなければ)」という気がなくなってしまいますよね。

bail は動詞としても使われ、bail somebody out は、「(人を)保釈する」という意味になります。

そこから発展して、bail out「金銭的に援助する」を意味したり、bailout として「政府による企業への資金援助」を意味したりします。アメリカでは、GMとクライスラーに対して bailout がされることになったようですが、以下は、12月10日にアップされた動画なので、それがまだわからなかった時点での街頭インタビューです。

If you bail someone out, you help them out of a difficult situation, often by giving them money.

関連記事

スポンサーリンク


コメント - 4

とら猫  2008, 12. 20 (Sat) 22:53

最近はなんでもかんでもbail outが使われているような気が。そのうち単純に「助け出す」みたいな意味に転じるような勢いですね。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 12. 20 (Sat) 23:14

とら猫さん

そうですね。単純な「助け出す」なのに、面白がって bail out を使い、それがだんだん特殊な使い方でなくなってしまう・・・というのは想像できそうですね。

編集 | 返信 |  

Super源さん  2008, 12. 20 (Sat) 23:37

Applecheeseさん、こんばんは。( ^-^)/

おお!(゚o゚) 実は私も先日、この単語を取り上げたところだったので、あまりの偶然(?)にビックリしました。

ペーパーバックなどでは、また別の意味で比較的多く使われてるように思います。

ほんと、この単語、いったいどうなっちゃうんでしょうね。(@_@)ウーン

bail out:
1. (Informal) to help (a person or organization) out of a predicament
2. to make an emergency parachute jump from an aircraft
3.to escape from a situation that you do not want to be involved in anymore

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 12. 20 (Sat) 23:51

Super源さん

そうそう。bail out は意味がたくさんあるので、私も全部は記事内で紹介しきれませんでした。Super源さんが紹介されている「逃げ出す」や「(飛行機などから)脱出する」も、そうですよね。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。