オズの魔法使いのパロディです。この中で、英会話レッスンに登場したばかりの go ballistic(かんかんに怒る)という表現が使われているのに気がつきました。全体的には私には聞き取れない部分もありますが、とりあえず最初から、気になる部分をチェックしてみます。

オズの魔法使いが気球で去ってしまって途方に暮れかけたときに、良い魔女が現れます。この良い魔女の英語の発音は、元の映画ともそっくりで、特徴がありますね。魔女に、「あなたはいつでもカンザスに帰ることができたのよ」と言われて、「あんた気でも狂ってるんじゃない!ピンクのシャボン玉に乗って飛んできて言ってくれたら、何でもすぐに信じたわよ!ぺろぺろキャンディーをなめたら家に帰れると言うなら、すぐにでもそうしたわ!」と怒っています。

ライオンが、「でもそれじゃあ、僕たちには会えなかったね」というと、「あんたたち3人がいなくても、私は平気だったわ。十代の娘が3人の男とスキップしながら徒歩旅行よ!股の間に手でも挟んでなきゃ、おちおち寝られやしないわ!」とまくしたてます。


かかとを鳴らせば帰れると魔女に言われ、「そんな簡単なはずないじゃない!本気で怒るわよ(I'm gonna go ballistic!)」と言っています。

最後の方で、ブリキ男が悪夢から覚めてベッドで寝ていると、別のブリキ男が、Oh you need a little TLC if you know what I mean. となだめています。TLCとは、tender loving care の略だそうです。確かそういう名前の歌手のグループがあったような気がしますが・・・。

If someone goes ballistic, they suddenly become very angry. (コウビルド英英辞典より)

ballistic とは「弾道の」という形容詞で、ballistic missle は「弾道ミサイル」ですが、go ballistic「急にかんかんに怒る」ということですね。hit the roof や fly off the handle などにも似ていると思います。

※パロディじゃない本当のオズの魔法使いに関する記事→(12345678
関連記事

Tag:コメディ 英語の.慣用表現 映画.オズの魔法使い


スポンサーリンク


コメント 4

とら猫  2008, 12. 16 (Tue) 23:53

go ballisticとは面白い表現ですね~。知りませんでした!言葉フェチにはたまらんです。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 12. 17 (Wed) 10:32

とら猫さん

楽しんでいただけてよかったです。言葉フェチ・・・考えたことなかったけど、もしかしたら、私もそうかもしれません。

編集 | 返信 |  

Jenny  2008, 12. 17 (Wed) 21:39

ご無沙汰していました。
これ、この前NHKの「ラジオ英会話」に出てきました。響きが古臭いなと思ったんですが今でも通用するわけですね。類似表現ですぐ浮かぶのはhit the ceilingです。英語の怒りの表現はすごいですね。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 12. 17 (Wed) 22:13

Jennyさん

hit the ceiling で天井にぶつかって、さらには屋根を突き抜けて、弾道ミサイルのように飛んでいくほど怒るということなんでしょうね。なんだか漫画っぽくて面白いですよね。

編集 | 返信 |