言いまちがい は、英語では slip of the tongue と言えます。以下、コウビルド英英辞典から引用します。

If you describe something you said as a slip of the tongue, you mean that you said it by mistake.

◇Did I say she was forty? I meant fourteen - just a slip of the tongue. 40歳って言いました?14歳と言おうとして言い間違えたんです。

私は、「口が滑る」の連想から、slip of the tongue は、どちらかというと、例えば「東京に地震があったら関西にとってはチャンスだ」など、議論や批判をまねく(raise eyebrows)ような政治家などの「失言」だと思い込んでいましたが、上の説明と例文を見て、それだけではなくて、単なる言い間違いも slip of the tongue と言えることがわかりました。

ちなみに「失言する」は、put one's foot in one's mouth と言うことができます。(→参考
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0