英語のスラングを紹介している Bleep!: A Guide to Popular American Obscenities という本の前書きに、スラングを知らないと、自分ではその気はないのに、sexual innuendo になるような言葉使いをしてしまうことがある・・・と書かれていました。 innuendo(イニュエンドウ)とは、「ほのめかし」とか「暗示」、「風刺」、「あてこすり」なので、それに sexual がつくと、下ネタ系の暗示ということになります。

Innuendo is indirect reference to something rude or unpleasant.(コウビルド英英辞典より)

例えば、Dick という名前の息子のいる母親が、大勢の子供たちを前にして、「Dickという名前の子は、何人いますか?」(How many Dicks do we have here?)と聞いたのですが、これは、dick が penis を意味することから、「penis がいくつあるか?」=「男が何人いるか?」という意味にも取ることができます。

もう1つ、紹介されていたのは、意味がわかっていてわざとやる例です。ジョニー・カーソンが司会するテレビの「Tonight Show」で、ゲストの女優 Zsa Zsa Gabor(ジャジャ・ガボール)が、猫を膝に抱きながら、"Do you want to pet my pussy?"(私の猫ちゃん、可愛がってみたい?) とカーソンに聞いた・・・という話です。

pet には、単なる「かわいがる」の他に、性的な「愛撫する」という意味があり、pussy には、「ねこちゃん」の他に女性器の意味があるので、何を暗示しているかは、わかりますよね。

これに対してジョニー・カーソンは、I'd be glad to, if you remove that damn cat.(その猫をどかせてくれたらね)と答えたそうですが、これは、猫を動かせば、pussy(猫そのもの、あるいはもう1つの意味の方)を pet するよ・・・という答えになっています。

この話は有名なようですが、実は作り話だそうです。映像を探してみましたが、やはりそのものは見つからず、代わりに以下が見つかりました。「本当なの?」と聞かれたカーソンは、"No, I think I would recall that."(もし言っていたら、覚えているはずだけど)と言っています。(参考

関連記事

Tag:英語の.単語 コメディ


スポンサーリンク


コメント 0