「青天のへきれき」にとてもよく似ている英語の表現が、bolt from the blue です。この場合の bolt は稲妻という意味で、blue は青空のことです。日本語のへきれき(霹靂)は、雷鳴のことです。つまり英語と日本語のどちらの表現も、文字通りには「晴れた青空から、急に発生する雷」ということで、実際には急に生じた大事件のことを意味します。

bolt from the blue は、つい最近聞いたばかりでした。いつ聞いたかというと、アメリカ共和党の大統領候補のマケイン氏が、副大統領候補として、まだ経歴も浅い44歳の女性の現アラスカ州知事、Sarah Palin 氏を選んだというニュースをCNNで見たときでした。誰も予想していなかっただけに、まさに晴天のへきれきと思った人が多かったようですね。

If a piece of news comes like a bolt from the blue, it is completely unexpected and very surprising. (コウビルド英英辞典より) 

昨晩の日本のトップニュース(福田首相の辞任発表)も、bolt from the blue と感じた人は多かったのではないでしょうか。

bolt
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0