悪魔や悪霊という意味の demon(ディーモン)を形容詞形にしたら demonic(デモニック)になるということを、以下のビデオで知りました。「悪魔の」とか「悪魔のような」という意味ですね。

Yes, Japan treats these demons like pop-stars. But sometimes, it's the other way around. (日本では、悪魔たちはポップスターのように扱われます。でも、ときには立場が逆転する場合もあるようです)という始まりから、デーモン小暮を紹介しています。

閣下が相撲の解説などに呼ばれることがあるのは知っていますが、revered Sumo commentator の revered(尊敬されている)については、ちょっと言い過ぎかなあ、と個人的には思います。

もう1つ、このビデオが思い出させてくれたことの1つが、大使や知事や大臣など、公的に高い地位を持つ相手に「閣下」と呼びかけるときの Your Eexcellency です。たまたま数日前に、王や女王には Your Majesty や Your Highness と呼びかけ、裁判官には Your Honor と呼びかけることについて考えていたときに、政府の高官などに対する Your Excellency だけ、思い出すことができなかったところでした。

You use expressions such as Your Excellency or His Excellency when you are addressing or referring to officials of very high rank, for example ambassadors or governors. (コウビルド英英辞典より)


イギリス人と思われるレポーターの「聖飢魔II」の発音が「サイキマツ」=psychi-matsu に聞こえるところは、ご愛嬌という感じです(もしかしたら本人が閣下のことを psychic とか psycho のイメージで見ていて、その影響が発音に表れている・・・というのは、あり得ないと思いますが)
関連記事

Tag:英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 2

nobo  2008, 08. 01 (Fri) 15:56

このイギリス人、Jonathan Rossは、「R」の発音ができないことでイギリス国内でも有名なんですよ~。彼が発音する「right way?」って「ワイトワイ?」になってますよね。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 08. 01 (Fri) 17:06

noboさん

へぇ~、そうなんですか!閣下が聞き取りにくそうにしているのも、そのせいですね。本人が、自分の英語はイギリス人にも分かってもらえない・・・なんて言っているのは、大げさではないのかもしれませんね。

編集 | 返信 |