以下は、アメリカのカントリー歌手 Crystal Gayle の歌、You never gave up on me です。映像の女性は、別の人です(おそらくこの YouTube ビデオを作った人)。はじめ、以下の2番の歌詞の最初の部分の意味がよくわかりませんでした。

And though sometimes we might not see things eye to eye, you've always met me more than half the way.

see eye to eye は「意見がぴったり合う」なので、前半はわかります。「私たち、いつも意見がぴったり合うとは限らないけど」ですよね。後半は、meet someone halfway[人と]歩み寄る、[人に]妥協する、というイディオムを発展させた形で、「あなたはいつも私に歩み寄ってくれた」ということではないかと思います。


If you see eye to eye with someone, you agree with them and have the same opinions and views. (コウビルド英英辞典より)

◇My father and I see eye to eye on most things. 父と私はほとんどのことで意見が一致する。

If you meet someone halfway, you accept some of the points they are making so that you can come to an agreement with them.

◇The Democrats are willing to meet the president halfway. 民主党は大統領に妥協する用意がある。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 音楽.CrystalGayle


スポンサーリンク


コメント 0