どんな種類の犬を飼っているかによって男の性格を見抜き、つきあう男を決めるときの参考にしようという女性がいたら、なんかいやだな~という気がしますが、以下はそういう話です。でもまあ、話のネタとしては面白いようにも思えます。考えてみたら、いろんな持ち物などから人を判断することはあるわけだから、まあいいいか、という気もします。

この人は自分で犬の種類と飼い主の男の性格を調査して、それを本にまとめています。ただし、この本の内容が当てはまるのは、男性が自分自身で選んだ犬であることが条件だそうです。「例えば」ということで、ブラッド・ピットも飼っている種類の犬(これが聞き取れず、よくわかりません)の話が出てきています。

また、犬を飼っていない男については、「今まで犬を飼ったことがない場合には、犬を飼うということがどういうことか知らないから、教えてあげればいい」とか、「忙しくて犬を飼えない男は、女性と付き合う余裕もない」とか、あるいは「子どもの頃に犬に噛まれて、それ以来ずっと犬嫌いなのかもしれない・・・」と言っています。さらには、猫好きの男についても触れていますね。


この話を聞いて、いろいろ反論したくなる人もいると思いますが、わざわざ反論するのも、ヒマで平和な話だと思います。犬好きな男女同士がカップルになることは、まあそれなりにいいアイディアだとは思いますが・・・。


翻訳版があったら、売れるかもしれませんね。
関連記事

Tag:動画.Better


スポンサーリンク


コメント 0