It never rains but it pours. は、不運や不幸が立て続けに来ることに対して不平を言ったりするときに使うことはなんとなく分かっていました。ただ、これが not A but B というパターンで、「BしないでAすることはない」という文法構造なのだということは、ジーニアス英和辞典でこの表現を調べてみるまで知りませんでした。

つまり、It never rains but it pours. = 「どしゃ降りになることなく、雨が降ることはない」 = 「降るときには必ずどしゃ降りだ」ということです。

You can use the expression it never rains but it pours to mean that several unfortunate events often happen at the same time.(コウビルド英英辞典より)

不運や不幸は「小出し」にされるのももちろんいやですが、立て続けにくるのは、もっといやですね!

rain pouring
関連記事

スポンサーリンク


コメント 2

さだこ  2008, 07. 08 (Tue) 13:52

あー、わたしも不幸は小だしのほうがいいです。それからストレスのほうも欲求不満が爆発する前にちょこちょこっと解消するようにしています。不幸は未然にふせげるよう、予防に徹しています。(若くないので)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 07. 08 (Tue) 16:59

さだこさん

ストレスも小出しに解消、やっぱりそれがいいですね! 雨も集中豪雨じゃなくて、適度に必要な分だけ降って欲しいものです。

編集 | 返信 |