日本ではまだ梅雨も明けていないところが大半なので、まだ花火という感じではありませんが、アメリカでは、7月4日の独立記念日を祝って花火をする人が多いので、以下のような「花火は安全に気を付けて正しい方法で楽しみましょう」という話が出てくるようです。「消費者製品安全委員会」という団体の人が実演を交えた中継で出演しています。

これを見て知った言葉としてまず挙げたいのが、sparkler です。手で持って楽しむ花火ですね。

A sparkler is a small firework that you can hold as it burns. It looks like a piece of thick wire and burns with a lot of small bright sparks. (コウビルド英英辞典より)

あとは、違法な花火が売られているという話です。合法なものは包装が明るい色で、製品名がはっきり分かるように書かれていて、使い方の説明書きがあるのに対して、違法なものは茶色の包みだったり、隠れて売られていたりするそうで、そういうのは、違法なものである可能性が高いと言っています。

プロの花火師が野球場などで使うプロ仕様の花火は爆発力が大きいので素人は使うべきではないということで、M1000と呼ばれる違法な爆発物でスイカを吹き飛ばす実演をしています。他には、Cherry Bomb とか M80 とか言うのもあって、事故が起きているそうです。そもそもこういうのは花火でもないし、お祝いに使うのはやめるようにと言っています。

プロ仕様の花火は、爆発力が大きいので、免許のない人は所持するだけでも重罪(felony)になるそうです。

関連記事

スポンサーリンク


コメント 0

トラックバック 1

この記事へのトラックバック
  •  June 3 対岸の花火 fireworks
  • June 03, 2008 (Thursday) いま7月4日の朝9時過ぎなのですが、昨日3日の夜9時半ごろベランダから撮った遠くの花火の写真を載せます。Sausalito あたりなのかしら。 ううむ。花火が見えない。? このまんなかのです。? しょぼい写真(笑)?   花火は危険なものなの?...
  • 2008.07.05 (Sat) 04:49 | カリフォルニア時間