おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


aphrodisiacと venereal


おととい紹介したニュース映像の中で、チョコレートの用途として aphrodisiac (アフロディジアック)が挙げられていました。 

An aphrodisiac is a food, drink, or drug which is said to make people want to have sex. (コウビルド英英辞典より)

薬なら「媚薬」ですが、食べ物や飲み物の場合は、日本語でなんと言っていいのか、難しいですね。「媚薬効果がある(食べ物)」や、「性欲を刺激する(食べ物)」などと言うしかなさそうな気がします。

aphrodisiac は、ギリシア神話の愛の女神アフロディーテが語源だそうです。アフロディーテって、かなり以前に聞いたことがありました。大手の菓子メーカーのチョコレートの名前かなにかじゃなかったでしょうか?でも、その名前を聞いたのは、20~30年ぐらい前のことだったと思います。

ギリシア神話のアフロディーテは、ローマ神話の「ヴィーナス」に相当します。venus が語源となっている単語に、venereal(ヴィニリアル)があります。venereal は、「性の」や「性に関する」という意味ですが、この venereal が結びつくことが一番多い単語は、disease です。venereal disease、すなわち「性病」です。

Venereal disease is used to refer to diseases such as syphilis and gonorrhoea which are passed on by sexual intercourse. The abbreviation VD is also used.

syphilis(ファリス)梅毒gonorrhoea(ゴノア)淋病だそうです。う~ん、詳しくは知らないけど、こわそう!
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。