上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



パーマフロストという言葉を聞きました。何のことだか分かりますか?とっさに、パーマとフロストに分けて考えてしまいますが、まあ、それは間違いではありません。

でも、パーマを「くるくるパーマ」とか「パンチパーマ」のような、髪にかけるパーマと考えると、変な方向に進んでしまいます。フロストは「霜」なので、パーマフロストは、パーマのかかった髪に霜が降りている状態か・・・?ということになってしまいます(寒そう!)。

パーマフロストという言葉を聞いたのは、火星に下りた探査機のニュースを見ているときでした。探査機が掘る地面の下には、永久凍土として氷があるのではないかと期待されていますが、その「永久凍土」がパーマフロストです。

Permafrost is land that is permanently frozen to a great depth.

なるほど、と思いました。永久凍土といえば、シベリアとかにあるやつが温暖化で溶け始めると、中にあるメタンガスが放出されて温暖化がさらに進むとかいうような、恐いシナリオが語られています。

上の英語の説明は味気ないので、すっかり「本棚の肥やし」になってしまっている「マグローヒル科学技術用語大辞典」の英語版でも調べてみました。

Perennially frozen ground, occuring wherever the temperature remains below 0℃ for several years, whether the ground is acturally consoildated by ice or not and regardless of the nature of the rock and soil particles of which the earth is composed.

う~ん。後半は、「~かどうかにかかわらず」と「~の性質にかかわらず」という、あまり重要ではなさそうな追加情報だけですね。

permafrost
関連記事

スポンサーリンク


コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。