しばらく前の英会話クラスの学習範囲の中に、glean という言葉がありました。カタカナで書くと「グリーン」ですが、もちろん「緑」ではありません。(情報などを)「少しずつ集める」「こつこつ収集する」という意味です。「こつこつ」は、「丹念に」などでも言い換えられそうです。

If you glean something such as information or knowledge, you learn or collect it slowly and patiently, and perhaps indirectly.(コウビルド英英辞典より)

◇ At present we're gleaning information from all sources. 現在、あらゆる情報源から情報を(少しずつ)収集しているところだ。

類語として gather が挙げられています。gather の方は、情報や知識だけでなくて、物とか人とかを集める場合にも使えるところが、ちょっと違います。gather の glean にも共通する意味合いは、以下のように説明されています。

If you gather information or evidence, you collect it, especially over a period of time and after a lof of hard work.

また、glean や gather は、集めた情報などに基づいて「推測する」や「分かる」、「結論づける」という意味でも使われます。

◇ I gleaned (gathered) from what I heard that some changes are likely.
風のうわさによれば改革が近いとのことだ(新編英和活用大辞典より)

glean は、もともとは、「(落ち穂など)を拾い集める」、「(畑など)から刈り残しを集める」という意味だったそうですが、いまどきそういうことをする人は少ないので、その意味ではあまり使われなくなっています。THE FREE DICTIONARY には、その意味の説明として、To gather grain left behind by reapers. とありました。



 SLT-AG13 ラップトップトレーテーブル 名画シリーズ ミレー 落ち穂拾い
関連記事

スポンサーリンク


コメント 0