植物を育てるのは苦手(I don't have a green thumb.)だし、庭もないので、ガーデニングに関連する用語は、知らないものが多いです。この前の、トレリスもそうでした。

あるとき、prune剪定する刈り込む)という言葉を聞いたときには、それまでまったく知らなかった単語だったので、何と言っているのかよく分かりませんでした。pruneプルーン)というと、干しぶどうを大きくしたようなプラムの干物のことしか知りませんでした。以下、コウビルド英英辞典から引用します。

A prune is a dried plum.

When you prune a tree or bush, you cut off some of the branches so that it will grow better the next year.

[例文] There is no best way to prune, apart from making sure tools are sharp and every cut is clean.

プルーンが plum の干物ということは、梅干しはどうなるのだろうかと思って調べたら、pickled Japanese apricot とありました。ある和英辞典によると、「梅は従来 plum と英訳されているが、これは正しくない」 と書かれていて、「梅」= Japanese apricot とするのが正しいようです。ちなみに、Japanese が付かないただの apricot(アプリコット)は、「アンズ」だそうです。

An apricot is a small, soft, round fruit with yellowish-orange flesh and a stone inside.

この説明の stone という言葉は意外でした。

The stone in a plum, cherry, or other fruit is the large hard seed in the middle of it.

種は種でも、スイカやブドウの種のように、比較的小さくて、果実の中に複数入っているものは seed ですが、桃、梅、さくらんぼなどの、少し大きい一粒種は、stone と呼ぶようです。


関連記事

Tag:英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 4

Screaming Bunny  2008, 05. 12 (Mon) 14:50

結局わかってないw

日本でも女性だとトレリスとかアプリコットは普通に知っている単語だと思います。(若い人には「アンズ」の方がわかりづらいのでは) 20年くらい前の時点で普通に通販で「トレリス」を売っていましたし。
思えば女性は男性に比べてやたらとカタカナ語を知っている気がします。ファッション、ガーデニング、食べ物、その他。

しかし梅はアプリコットとは似ても似つきませんねー。味といい色といいプラムのほうがぴったり。

ところで先日'elm'という単語を見て、一瞬何だっけ?と思い、すぐに「ニレか!」と思い出したのですが。よく考えてみたら「ニレ」がどういう樹木なのかさっぱり知らないことに気づき、何だかおかしかったです。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 05. 12 (Mon) 18:11

Screaming Bunnyさん

女性と男性で、知っている外来語の種類に違いがあるというのは、最近よく実感します。あんず=アプリコットは、食べたことがあるかどうか、自分でもはっきり分かりません・・・。今度、アプリコットジャムでも買ってみようかと思います。

言葉では知っていても、実物をよく知らないものって、私は結構あります。ニレも、とっさにニラを想像してしまいそうです。「ああ、これがそうなのか」と実感する体験をもっとしてみたいです。

編集 | 返信 |  

Screaming Bunny  2008, 05. 12 (Mon) 18:30

私もいっぱいあります。

子供の頃からとにかく翻訳小説を読むのが好きで、相当数読んできましたが、植物名をはじめとして「言葉だけ」のものは多いです。'honeysuckle'=スイカズラなんかもそうですね。

英語ではないですが、ロシア文学によく出てくる「サモワール」という単語、アレは普通お湯を沸かす薬缶だと説明されているじゃないですか。ソレが実は(特に昔だと)巨大なストーブ状のものだと知ったのは大人になってからでして、目から鱗が落ちました。ずっと「なんでロシア人はやたらと薬缶を囲むんだろう??」と思っていたのです。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 05. 12 (Mon) 20:09

Screaming Bunnyさん

スイカズラ、確かに聞いたことがあるけど、どんなものなのか想像がつきません。サモワールは、初耳です。私の場合は、外国のものに限らず、都会育ちだから実物を知らない動植物が多いと思います。また、翻訳小説をもっと読めば、知りたいものや不思議に思う言葉がたくさん出てきそうです。

編集 | 返信 |