以前、株式市場の注目銘柄を面白く紹介している WallStrip という番組のホストを務めていた Lindsey Campbell が WallStrip を辞めて寂しいなあと思っていたら、MOBLOGIC.TVという番組をやっているのを見つけました。

以下、冒頭のインタビューよりも後の、1人でしゃべっている部分を聞き取ってみます。

As you probably heard, one of the guys who masterminded the September 11th attacks just announced that he's planning more attacks on us. Last week Al Qaeda's number two guy, Ayman Al-Zawahiri released another audio tape that promised more attacks on Western countries. Sadly, he and his boss have announced numerous audio and video declarations scince the 911 attacks. It just doesn't seem that we are going to be putting a stop to them any time soon. And that just seems really messed up. What the hell happened to catching them and bringing them to justice? And for all you "want it dead or alive" types out there, when I say justice I'm talking about catching these guys and having a public trial that establishes their guilt in front of the world, not locking them away in Guantanamo and torturing the sh** out of them.


But let's take a step back. It's been over six years since these guys masterminded the worst act of mass-murder on US soil ever. We responded by declaring war. OK, "authorizing" war. But since then, nothing? I mean, we beat the Nazis and the Japanese in less than four years, but now what? We are just willing to accept the threat from Bin Ladin, the most wanted dude on the planet drags on? And we are just waiting while these guys continue to plan, recruit, and podcast? Yes, there are million reasons why World War II is different ball of wax. But you know what was also different? Back then, we were fighting for something. Now, what are we fighting for? During his Senate hearings a week ago the best General Petreus could come up with was some half-hearted claims about "national interests". And the thing is, we could be fighting for something. Getting Bin Ladin is something. Showing the world that they can't keep hiding out and tauting US is a definable goal. It can end with certainty. And it's not about colonial reach either. It's about protecting ourselves from the people who did us harm, and the rest of the world will get that, as opposed to the mess we are in now.

結構説得力があると思いますが、彼女自身は、生ぬるい経済番組より、こういうことの方が好きなのかもしれないですね。英語表現で面白いと思ったのは、different ball of wax です。different kettle of fishhorse of a different color と同じような表現ですね。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 2

かいちゃん  2008, 05. 07 (Wed) 12:01

おもしろい記事の紹介、ありがとうございます。

アメリカという国は、戦争に関して、がっぷり四つで組むと、朝青龍のようにメチャクチャ強いのですが、舞の海のように相手がゲリラ戦を仕掛けてくると、案外コロっとひっくり返されちゃうんです。ベトナム戦争では、合衆国の一つの州ほどの大きさしかない北ベトナムに負けちゃいましたよね。太平洋戦争では、硫黄島で栗林中将率いるわずか二万の日本ゲリラ兵に、14万人ものアメリカ海兵隊が大敗を喫しています。

こんなところが、彼女の言う、テロとの戦いが different ball of wax ということなんでしょうか?

ところで、ペトロース将軍は有能ですね。

これまでイラク駐留のアメリカ軍最高司令官はブッシュによって何度も更迭されましたが、ペトロース将軍が最高司令官になってから、ようやくイラクの混乱がようやく沈静化されました。彼はサダムフセインの親衛隊を警察官にするというウルトラシーで、イラクのアルカイダ封じ込めに成功したんですよね。おみごと!って感じです。

イラクからの撤退を政治公約にしているヒラリーとオバマの民主党候補者たち。どちらが民主党の大統領候補になっても、11月の本選は苦戦を強いられるでしょうね~。

すみません。長々と書いてしまいました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 05. 07 (Wed) 18:55

かいちゃんさん

おもしろいと思ってくれる人がいて、よかったです。

ペトロース将軍って、ここでは、国内向けに「中途半端に国益という言葉しか使えていない」と厳しく言われていますが、実際にはやり手なんですね。

大統領選挙がどうなって、その後のアメリカの政治がどうなるのか、これからが楽しみなような恐いような気がします。

編集 | 返信 |