おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

どこまで笑える?アメリカのニュース


以下のニュースはすべてオチがついていますが、どこまで笑えるかは、ニュースに出てくるアメリカの有名人の最近の動向を知っているかどうか、オチのユーモアのセンスに共感できるかどうか、また、そもそも英語が聞き取れるかどうかによって変わってくると思います。

私自身は、最初の一発は、笑えました。 Fifty percent of adult driver's nationwide have admitted to driving while under the influence of alcohol, and in Pennsylvania, fifty-five percent admitted to voting while drunk. ヒラリーに投票するなんて、酔っているとしか思えない・・・ということでしょうか。ニュースとは関係ありませんが、個人的には、admit to ~ing の文型が「要チェック」でした。

次の「ヒラリー・クリントン氏は先週、勝利を祝った後でホテルの部屋から出てきたときに自分の影を見ました」で始まる部分のオチは、 six more weeks of Hillery jokes に聞こえます。影を見たということは、幽霊ではなくて生きているということなのでしょうか?そして、彼女が生きていればあと6週間は彼女の口からジョークが出てくる・・・ということなのでしょうか。6週間というのは、選挙戦のスケジュールと関係してそうですが・・・。

次は、「オバマ氏を支持するブログ部隊のトップが共産主義者だったことが分かりましたが、オバマ陣営の選挙運動員の場合、△△をしない限り注目を集めることはできないでしょう」です。△△の前半はよく聞き取れません。後半は blow things up に聞こえますが、自信がありません。


その次は、「Alicia Keys は、"Gangsta Rap"(暴力的な歌詞で知られるラップミュージック)は、黒人同士に殺し合いをさせるために白人が作ったものだと発言しました。ちなみに彼女は、オバマ氏の教会についてもコメントを求められました」という感じですが、これはオバマ氏が通う教会のライト牧師が、過激な発言で物議をかもしているからです。ライト牧師も Gangsta Rap のラッパーたちも、過激な黒人だからいっしょくたにしてしまおうという乱暴な発想です。

次は、「アースデーに合わせていろんな環境関連の催しがありましたが、リンジー・ローハンエイミー・ワインハウスも、リハビリ施設(アルコールやドラッグの依存症を治す施設)まで同じ車に乗って行くこと(carpooling)で、この動きに参加しました」ですね。もし本当だったら、笑える図ですよね。

その次は、「硫黄島の海兵隊が地球温暖化と闘うために木を植えている合成写真を表紙に使ったことで、TIME誌が批判されています。リベラル派のジャーナリストが戦争を支持するかのような姿勢を見せると、世論から攻撃されるのは仕方がないようです。一方、オサマ・ビン・ラディンは(これに対抗して?)リサイクル嫌いだそうですが・・・」という感じでしょうか。

最後の2つは、よく知らない人が出てきているし、調べるのが面倒になってきたので省略します。
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索