上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



事務所で開いている英会話クラスのテキストに、strident(ストライデント)という単語が出てきました。

strident は、(音が)「甲高い」、「耳障りな」、「キーキーいう」という意味と、(主張などが)「声高の」、「押しの強い」という意味があります。

If a voice or sound is strident, it is loud, harsh, and unpleasant to listen to.(コウビルド英英辞典より) 

If you use strident to describe someone or the way they express themselves, you mean that they make their feelings or opinions known in a very strong way that perhaps makes people uncomfortable.

◇In the late 1920s the party began to adopt a more stridently nationalistic posture. 1920年代の後半、その政党は、より過激な国家主義的姿勢を取り始めた。

この strident という単語のことを考えていたら、Barbra Steisand をもじった Barbra Strident というのを思いついてしまいました。実際、グーグルで検索したら、遊びで Barbra Strident と書いている人は私より先にいました。ある人は、「彼女のことを以前からわざと Barbra Strident と呼んでいたが、最近は略してBSと呼んでいる」と書いていました。BSは、普通は bullshit の略です。

バーブラ・ストライザンドは、有名なのでよくパロディのネタにされるようです。知らなかったのですが、ビル・クリントンが大統領になったときには、資金集めに貢献したようです。

彼女の歌は、(声が)不快なほど「甲高い」ということはないと思いますが、同じようなルックスで、声が不快なほど甲高くて音痴なバーブラ・ストライデントというキャラクターをパロディで作って、誰かにやってもらいたい気がします。そうしたら、この単語が記憶に残りやすいと思うのですが・・・。
関連記事

スポンサーリンク


コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。