前回は昨年末だったので、ずいぶん時間が空いてしまいましたが、久しぶりに『高慢と偏見』をネタにしたいと思います。

前回は、エリザベスが新婚の友人シャーロットの家に滞在していたときにダーシーから求婚され、腹を立てて断ったところまででした。その後、彼女は、ダーシーから、ウィッカムの件や、姉のジェーンとビングリーの間の恋をじゃました件について、釈明の手紙を受け取ってショックを受け、混乱します。ショックはやがて和らぎ、自分の思い込みにもだんだん気が付いて反省しますが、それでも、いずれにせよ、ダーシーにはもう会いたくないことに変わりはありません。

シャーロットの家から自宅に戻り、妹たちや母親の品のなさを実感しますが、今度はしばらくすると、叔父と叔母であるガーディナー夫妻と旅行することになります。旅行先にはダーシーの邸宅の近くも含まれるのですが、主人であるダーシーが留守というのを聞いて、邸宅を訪問することに合意します。

叔母たちは邸宅の手入れの良さや趣味をほめ、エリザベスは、自分がここの夫人になることもできたのだ・・・と後悔のような気持ちも少しだけ抱きます。邸宅内では、召使いに案内されますが、召使いは主人であるダーシーのことを、素晴らしい人物だとほめちぎります。エリザベスは、召使いの言葉を最初はあまり信じませんが、だんだん、やっぱりいい人なのかも・・・という気がしてきます。

家の中を見終わって、庭を見ようとしたときに、翌日まで戻ってこないはずのダーシーが帰ってくるのに出くわします。二人は最初、非常にぎこちない気持ちになりますが、ダーシーは礼儀正しくふるまいます。エリザベス一行とダーシーはいったん別れますが、あとでダーシーはまた戻ってきて、エリザベスにガーディナー夫妻を紹介してもらい、会話を交わします。

ダーシーに好印象を抱いたガーディナー夫妻は、邸宅を後にするときの馬車の中で、それまでエリザベスが彼の悪口を言っていたことについて、なんでそんな風に悪口を言っていたのか尋ねます。エリザベスは、いろいろ言い訳をしますが、そのうちの1つが、ウィッカムの件で悪いのはダーシーの方だと思い込んでいたからだと説明します。

She then felt it her duty to tell them, in as careful a manner as she could, that she believed herself to have been mistaken in thinking that he had been at fault in his treatment of Wickham.

エリザベスが彼らに慎重に伝えなければならないと思ったのは、「ダーシーのウィッカムに対する扱いはひどいと思っていたが、それは彼女自身の間違った思い込みだったと今は感じている」・・・ということです。 

be mistaken は、受動態のように見えるので「人から誤解される」と思いがちですが、そうではなくて、この英文にあるように、「誤解する」「間違っている」という意味である場合もよくあります。この be mistaken の使い方は、mistake という動詞の受動態と考えるのではなく、mistaken(間違っている)という形容詞の前に be がついて、その前に、主体である人物を表す主語があると考える必要があります。これによって、「(誰かが)間違っている」という意味を表します。

このことの直接の説明ではありませんが、以下の説明も少し参考になると思います。

You use expressions such as if I'm not mistaken and unless I'm very much mistaken as a polite way of emphasizing the statement you are making, especially when you are confident that it is correct. (コウビルド英英辞典より)

これは「もし間違っていなければ」という言葉の説明ですが、この言葉を使うのが「自分が正しいことに自信があるとき」と説明されているのは、ちょっと意外でした。絶対に自信があるのなら、そんなことは言わなくても良さそうな気がするからなのですが、逆に自信がほとんどないときにもそういう言い方はしないから、まあ、とりあえず納得はできます。

be mistaken の一番簡単な使い方の1つは、Am I mistaken? (私は間違っていますか?)です。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 0