英検1級の2次の面接試験では、与えられた複数の話題の中から1つを選び、それに対してスピーチをしなければなりません。私は、2次は、少なくとも1回落ちて、2回目で通ったように記憶しています(もしかしたら3回目だったかもしれません。もう10年ぐらい前なので、忘れかけています・・・)。

その2次試験対策の学習に役立ちそうな本を見つけました。



自分自身は、もう英検対策は必要ないのですが、いろいろな議論をするときに役に立つ言葉に普段からもっと触れておくという意味で、欲しいような気がしています。

今、事務所でやっている中~上級英会話レッスンは、この本に出てくるような単語よりももっとマニアックな、ネイティブスピーカーも聞いたことがないという単語までもが含まれている 『1100 Words You Need to Know』 を使っているのですが、別のコースとして、この本を使ったクラスを開講できないかと思ったりもします。まずは、買ってみようと思います。
関連記事

Tag:英語の.学習書 本.英語学習書


スポンサーリンク


コメント 2

kai  2008, 03. 19 (Wed) 13:13

これはなかなかよさそうな本ですね。私が読むにはレベルが高そうですが(^^;)
サークルでテーマを決めて意見発表とディスカッションをするのですが、まずは事実を知らないことには何にも言えないことに最近思い当たり、意見をまとめるときは情報集めに必死です。私って何も知らないなあって思うこと仕切りです。英語以前ですねー。へへ(^^;)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 03. 19 (Wed) 13:24

kaiさん

知らないことは話せない・・・、これは確かに言えてますよね。私もしょっちゅう実感しています。でも、英語でとなると、悲しいかな、知っていても話せないということも多いです。この本は、その両方を減らすのに役立つのではないかと期待しています。

編集 | 返信 |