♪ポーテトポテトポテトポー、テトポテトポテトポテー、トポテトポテトポテトー、ポテトポテトポテトー

このポテトの繰り返し部分については、あえて何も言うことはありませんが、その他の部分の歌詞は、なかなか一発で聞き取れないし、意味も、結構難しい単語があって、そう簡単ではないです。(歌うのも、相当難しそうです!)

このメロディーは、The Mexican Hat Dance というそうですが、それにこの歌詞を付けて歌ったのは、Cheryl Wheeler という人のようです。

歌詞を読んでいて発見したことの1つに、じゃがいもの芽のことを eye と呼ぶということがあります。歌詞の中に、「彼らには目はあっても顔はない。暗いところで泥ばっかりをにらみながら過ごして、気持ちがすさまないのだろうか」みたいなことを言っている部分がありますね。

An eye on a potato is one of the dark spots from which new stems grow.(コウビルド英英辞典より)

関連(?)記事 → バスの歌(1)バスの歌(2)ミトンの歌

関連記事

スポンサーリンク


コメント 0