hook, line, and sinker(フック・ライン・アンド・シンカー)という表現は、うそなどを「完全に信じ込む」とか「まんまとだまされる」というときの、「完全に」「まんまと」のところに使うことができます。「何から何まで」などにも近い感じです。

You can use hook, line, and sinker to emphasize that someone is tricked or forced into a situation completely. (コウビルド英英辞典より)

◇He believed her story hook, line and sinker. 彼は彼女の話の一部始終を信じ込んだ。

hook は「釣り針」、line は「釣り糸」、sinker は「おもり」のことなので、水の中の魚が、釣り針に付けられた餌だけでなく、釣り糸やおもりまでをも「鵜呑み」にしてしまうようなことを想像します。

「話」ではなくて、具体的な物品について「何から何まで」とか「一切合切」というときには、lock, stock, and barrel(ロック・ストック・アンド・バレル)が使えます。lock と stock と barrel は、昔の銃の構成部品だったそうで、例えばこれらをすべて持って行くことは、銃全体を持って行くことと同じだったそうです。

If you say, for example, that someone moves or buys something lock, stock, and barrel, you are emplasizing that they move or buy every part or item of it.

日本語には、この2つの英語表現のような、何かの構成要素を3つ並べた、「すべて」という意味の、リズムのいいたとえって、何かありましたっけ?
関連記事

スポンサーリンク


コメント 0