上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



日本語のラ行であることは分かっていても、英語でRだったのかLだったのかはっきり覚えていなかったり、覚えてもすぐに忘れてしまう単語があります。

しばらく前に、珊瑚礁と言いたかったのに、coral leaves みたいなことを言って、ネイティブスピーカーに、なかなかわかってもらえませんでした。正しくは、coral reef で、複数形にするなら coral reefs です。

サンゴ(coroal:コーラル)は海の小さな生物ですが、植物ではないので、「葉っぱ」があるわけないですよね。また、珊瑚礁の「礁」は、「暗礁に乗り上げる」という言葉の「暗礁」を思い出せば分かるように、海底が盛り上がって海面まで迫っている部分のことなので、葉っぱとは関係ありません。

A reef is a long line of rocks or sand, the top of which is just above or just below the surface of the sea.(コウビルド英英辞典より) 

Coral is a hard substance formed from the bones of very small sea animals. It is often used to make jewellery.

A coral reef is a long narrow mass of coral and other substances, the top of which is usually just above or just below the surface of the sea.

2つ目の説明にあるように、サンゴはジュエリーとして使われますが、生物起源のジュエリーというと、他には amber(琥珀)がありますよね。

Amber is a hard yellowish-brown substance used for making jewellery.

amber は何からできているのかという話になったら、何かの木の樹液(sap of some kind of tree)が固まった(solidified)もので、化石(fossil)の一種だと答えれば、間違いではないはずです。
関連記事

Tag:英語の.単語


スポンサーリンク


コメント - 2

たんご屋  2008, 03. 12 (Wed) 23:18

生物起源といえば真珠もそうですね。ほかにあるかな。ああ、象牙もそうか。
amber は LED の色でよく出てきますね。琥珀色じゃなくて黄色と訳していますけれど。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 03. 13 (Thu) 07:39

たんご屋さん

そういえば、真珠も象牙もそうですね!全然思いつきませんでした。さすが、たんご屋さん!生物起源の宝石は、環境問題などにも思いを馳せさせられますね。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。