先週の英会話クラスのときにネイティブ講師から聞いた言葉を書き留めたメモを見ていたら、netminder(ネットマインダー)という言葉がありました。

「ネットを気にする人」というところから来ている単語なのですが、問題は、どんなネットかということです。この言葉を聞いてから1週間、すっかり忘れていたので、一瞬、インターネットを気にする人かと思ってしまいました。あと、底引き網の手入れをする漁師などもネットを気にすると思いますが・・・。正解は、以下の説明で分かります。

netminder - the soccer or hockey player assigned to protect the goal(THE FREE DICTIONARYより)

そう、サッカーやホッケーなどのゴールキーパーのことです。最近国内で注目度が高まったハンドボールでも、使えそうですね。ゴールキーパーを意味する英語で最も一般的で正式なのは、もちろん goalkeeper ですが、この netminder や、goalie(ゴーリー)などという言い方もあるようです。

同じネットを使うスポーツでも、テニスや卓球やバレーボールやバドミントンでは、ネットはコートを2つに分け、ボールなどを越させるためのものなので、netminder はいません。テニスなどで、サーブがなかなか入らなくて苦労している選手などは、ネットを気にしているでしょうが、netminder ではありません。
関連記事

Tag:英語の.単語 スポーツ.サッカー


スポンサーリンク


コメント 2

bibinba  2008, 02. 28 (Thu) 10:48

そんな言い方があるんですね~

最後のオチに座布団3枚!

とても印象に残ります。  ^^

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 02. 28 (Thu) 11:13

bibinbaさん

ありがとうございます!オチというほど落ちてないかなあと思っていたので、うれしいです。

編集 | 返信 |