この歌、たしか日本の車のCMか何かで使われていたような気がします。聞いていて、元気が出る歌ですね。Shania Twain は、最近までまとも聞いたことがなかったのですが、最近になってYouTubeで見たり、CDを借りたりして、好きになってきました。

彼女は、カナダ出身で、子どもの頃は家庭が貧しくて、若い頃から歌って家計を支えていたそうです(情報源)。

この歌は、何もかもがうまく行かない、全然ついていないようなときでも、今は最悪だから、これからは上に行くしかない・・・というポジティブな内容です。彼女が子どもの頃に貧しかったということと、この歌詞とをつい関連付けて考えて、応援したくなったりします。歌詞はこちらにあります。歌は、カントリーシンガー特有の裏声がうまいですね。


※関連記事→it's about as bad as it could be
関連記事

Tag:音楽.ShaniaTwain


スポンサーリンク


コメント 0