おととい聞き取りをした経済番組(?)WallStrip の中で、病院向けのコンピュータ化された薬の保管システムを作っている会社Omnicellの製品として、smart inventory carousel が挙げられていました。おそらく、ぐるぐる回るコンベヤーのような機械で、薬の在庫管理ができるものでしょう。

carousel(カルーセル)の最も一般的な意味は、遊園地などのメリーゴーランドのことです。

A carousel is a large circular machine with seats, often in the shape of animals or cars. People can sit on it and go round and round for fun. (コウビルド英英辞典より)

もう一つ、空港で着陸後に客が自分の荷物が出てくるのを待つ回転コンベヤーのことも、carousel と呼びます。長旅のあとの疲れているときに、自分の荷物が出てくるのを待つのは、いやですよね!しかも、その後の税関で中身をあらためられたりしたら、最悪です・・・。

At an airport, a carousel is a moving surface from which passengers can collect their luggage.

carousel の語源は、馬に乗った騎士たちが集まって行う競技会のことを意味する言葉だったそうです。多分、騎士たちがスタジアムのようなところの真ん中で、ぐるぐると回ったんでしょうね。
関連記事

Tag:英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 2

Jenny  2008, 02. 09 (Sat) 18:37

そうなんですよねえ~メリーゴーランドを浮かべないといけないんでしょうが、私にとってカルーセルは「麻紀」ですから困りますv-392ネイティブはmerry-go-roundよりもこちらのほうがピンとくるんでしょうか。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 02. 09 (Sat) 20:02

Jennyさん

merry-go-round と carousel のどちらを使うか、機会があったらネイティブに聞いてみたいと思います。

麻紀さんは、大阪のカルーセルという店で働いたから・・・らしいですね。

編集 | 返信 |