きのう紹介した歌”Birbie Girl” の中に、I'm a blond, bimbo girl in the fantasy world. という歌詞があります。

”私は空想の世界の金髪の bimbo girl”ということになりますが、bimbo を英和辞典で調べたら、「ふしだらな女」、「不倫(情事)を好む女」、「美人だが頭が空っぽの女」、「セクシーだが頭の弱い女」などと書かれていました。

If somone calls a young woman a bimbo, they think that although she is pretty she is rather stupid.(コウビルド英英辞典より)

バービーは、美人だけど仕事もできて公私ともに充実している若い大人の女性という設定で、女の子のあこがれを誘う(夢を与える)商品なので、作っている会社はこの歌に反発して訴訟を起こしていたそうです。

ブロンドの bimbo girl というあたりからは、英語でときどき見聞きする「金髪女性は頭が悪い」とか「赤毛は性欲が強い/情熱的」とかいうような、根拠のないくだらない話を思い出したりもします。

bimbo の発音は日本語の「貧乏」とまったく同じですが、もし自分が女性だったとして、貧乏とbimboのどちらになるか二者択一を迫られたら、たぶん貧乏の方だろうな…と思ってしまいました(というか、bimbo になろうとしても外見がともなわなくて、なれないと思います)。

Barbie Girl の歌詞は下品なところや軽薄な感じのするところが多いですが、Life in plastic, it's fantastic! とか、Imagination, Life is your creation とかいうところは、聞いててもリズムが良くて気持ちいいです。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 4

bibinba  2008, 01. 24 (Thu) 19:33

bimbo と「貧乏」・・・
は、初めて知りました。
今日はこれだけでもかなりインパクトがあり
なんだか得した気分です。 ありがとうございます!

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 01. 24 (Thu) 21:08

bibinbaさん

日本語と同じ発音の英単語っていろいろあるような気がするけど、bimbo と貧乏の組み合わせってインパクトありますよね。

編集 | 返信 |  

Shumho  2008, 01. 25 (Fri) 21:57

!?

こんばんは。

私も初めて知りました。
しかも日本語の発音と同じなのですね。ということは、日本の若い女性がうっかり私は貧乏と言った場合、I am a bimbo girlと誤解されることもあるかもしれないですね。><

編集 | 返信 |  

Applecheese  2008, 01. 25 (Fri) 22:21

Shumhoさん

英語で話す相手は貧乏という日本語を知っている可能性は少ないでしょうから、bimbo と思われるでしょうね。

女性が自分で自分のことを bimbo と言うことってあんまりないでしょうから、変に感じるでしょうね。

編集 | 返信 |  

トラックバック 2

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック