上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



日本の調査捕鯨船団が南極海に向けて出発しましたが、世界各国や環境団体などが反対していますね。これに関して、BBCのページにあった記事を読みました(→こちら

Japanese whalers hunt humpbacks

A Japanese whaling fleet has set sail aiming to harpoon humpback whales for the first time in decades


humpback や humpback whale は、ザトウクジラです。harpoon は、捕鯨用の銛(もり)のことですが、上では「銛で突く」や「銛を放つ」という動詞として使われていますね。

A harpoon is a long pointed weapon with a long rope attached to it, which is fired or thrown by people hunting whales or large sea fish.(コウビルド英英辞典より)

The 239-man mission plans to kill more than 900 minke whales as well as fin whales and humpbacks, in a South Pacific whale hunt that will run until mid-April.

239名の乗組員は、南太平洋で4月半ばまで続く航海で、900頭以上のミンククジラやナガスクジラ(fin whale)やザトウクジラを殺すことを計画している・・・ということですね。

「殺す」という言葉が使われているのに少しどきっとしますが、確かに、殺すというのは事実です。捕鯨に反対したくない立場ならば「捕獲する」(catch, hunt)あたりを使い続けるしょうが、考えてみれば「捕獲する」は、捕まえて生かしておくのか殺すのかがあいまいですよね。

"Humpbacks are very sensitive and live in close-knit pods so even one death can be extremely damaging," Greenpeace spokesman Junichi Sato said.

グリーンピースジャパンの佐藤氏は、ザトウクジラは変化に敏感で、群れの中でそれぞれが緊密に結びついて生活しているので、一頭でも死ぬとダメージは大きいと言っている・・・ということです。

クジラ肉と言えば、子供の頃の給食に出たし、1年前ぐらいにスーパーでとんかつのような「クジラカツ」を売っているのを見て、物珍しかったので買って食べたりしましたが、世界的には捕鯨反対者が非常に多くて、その多くはとても感情的で(もちろん科学的に反対している人も多いですが)、とにかくかわいそうだから捕鯨はしてくれるなという思いなのだということが、だんだん分かってきました。

私自身、祖父の兄弟がかつては大きな捕鯨船の船長だったそうですが、別にクジラを食べなければならない理由はないし、調査のためにそんなにたくさん捕まえる必要もないだろうと思います。

太古の昔にはマンモスを食べた人もいましたが、今、ゾウを食べる人はいません。それを考えると、クジラを食べ続ける必要はないと、個人的には思います。
関連記事

スポンサーリンク


コメント - 2

たんご屋  2007, 11. 21 (Wed) 10:57

ふしぎです

クジラという動物を見たことがないひとのほうが圧倒的に多いだろうと思うのですが、そんななじみの薄い動物に対してなぜ一部のひとたちはあれほど共感的、同情的になれるのだろうとふしぎに思っています。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 11. 21 (Wed) 11:40

たんご屋さん

たぶん、ホエールウォッチングとかは、日本より海外の方が盛んに行われているのだと思います。それから、テレビ番組で紹介されたりする機会も多いし、生態系の中で守るべき動物として教育されている場合も多いみたいです。それと比べると、一般の日本人にはなじみが薄いですよね。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。