おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

笛を吹く内部告発者


企業や政府機関の不祥事が、内部告発者によって明らかにされることがあります。

内部告発者のことを、英語では、whistle-blower(ウィッスル・ブローワー)と呼びます。

A whistle-blower is someone who finds out that the organization they are working for is doing something immoral or illegal and tells the authorities or the public about it.(コウビルド英英辞典より)

文字通りには「笛を吹く人」ですが、ホイッスルだから楽器の笛ではなく、警官や駅員やスポーツの審判が吹くような、注意を促すための笛をイメージします。特にサッカーなどのスポーツの審判は、不正を指摘するために笛を吹くことが多いので、イメージにぴったりですね。内部告発は、ついでにレッドカードまで出しているような感じかもしれません。

内部告発は、whistle-blowing と言えます。

内部告発というのは、したあとで自分がどういう状況に巻き込まれるか分からないので、単純に正義感だけでするのは難しいと思います。内部告発者を保護する制度や体制をもっと充実させるべきだという話は、よく聞きますね。

THE FREE DICTIONARY の説明も引用しておきます。

whistle-blower:

One who reveals wrongdoing within an organization to the public or to those in positions of authority.

An informant who exposes wrongdoing within an organization in the hope of stopping it

◇The law gives little protection to whistleblowers who feel the public has a right to know what is going on. 人々には真実を知る権利があると考える内部告発者に対して、法律の保護は不十分だ。
関連記事


トラックバック

コメント

なるほど~~~ 
内部告発者というと英語ではなんだか難しそ~と
思ってしまいましが、とてもイメージしやすいですね!

す、すべての英語がこうだといいんですけどね~  ^ ^;
いや!難しいのも楽しい!に変えよう。
bibinbaさん

内部告発者という日本語の言葉は説明的で、whistle-blower という英語の方は比喩的ですよね。比喩的な言葉は、こんな風にイメージしやすいのがいいですね。
  • 2007-11-03│21:54 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索