上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



産業機械や家電製品やソフトウェアのマニュアルの中には、読みやすくて良くできていると感心するものもあれば、読みにくかったり、情報を探しにくかったりするものもあります。

これまで、いろんなマニュアルの英文和訳や和文英訳をしてきましたが、つい、自分の訳文の良し悪しを棚に上げて、元の英文のマニュアルの良し悪しに思いを巡らせてしまうこともあります。

『わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック』は、マニュアルの執筆者向けに書かれた本ですが、外国語で書かれたマニュアルを日本語に訳す仕事をする人にも、参考になると思います。翻訳の仕事を始めた頃によく読み、参考にしました。

あと、最近本屋で立ち読みして、結局買っていないのですが、英文でマニュアルを書くときや、日本語のマニュアルを英訳するときに参考になりそうな本として、『ネイティブの心をつかむ英文マニュアル作成メソッド』があります。フォントや行間や余白の話は、当たり前という気がして少し退屈でしたが、分かりやすい英文の書き方は、とても参考になると思いました。
関連記事

Tag:技術翻訳


スポンサーリンク


コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。