おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


give or take と plus or minus


辞書をめくっていると、give or take という表現が紹介されていました。

Give or take is used to indicate that an amount is approxiamate. For example, if you say that something is fifty years old, give or take a few years, you mean that it is approximately fifty years old. (コウビルド英英辞典より)

う~ん。これは今まで聞いたことありませんでした。聞き慣れていないせいか、個人的には、なんだか使いにくそうな感じがします。でも、使い慣れている人にとっては、最初に普通に数字を言ったあとで、それが「約」や「およそ」の数であることと、およその誤差も伝えられるので、便利かもしれません。

◇They grow to a height of 12 inches - give or take a couple of inches. これらは、12インチか、その上下数インチの高さまで成長する。

◇She's been working there for two years, give or take a few weeks. 彼女はそこに勤めて2年になる。数週間の誤差はあるかもしれないが。

plus or minus と言い換えることのできる場合も多そうですね。

You use plus or minus to give the amount by which a particular number may vary.

◇The poll has a margin of error of plus or minus 5 per cent. その調査の結果には、上下5%の誤差がある。

この話に関連して、±記号の英語の読み方について発見してしまいました。数学では、例えば二次方程式の解の公式の中に含まれる±は、値の範囲ではなくて2つの異なる値を意味していますが、その場合は plus or minus と読み、そうではなく、統計値などの範囲を表す場合には give or take と読むということです(参考)。
関連記事


トラックバック

コメント

give or take
>統計値などの範囲を表す場合には give or take と読む

これは面白いですね~。
たいへん勉強になりました。有難うございます(^^)ノ
kaiさん

私は、はじめに give or take という言い方があるのを知っただけでもラッキーと思ったのですが、±を give or take と読むというのも分かって、さらに「へぇ~」と思いました。面白いですよね。
  • 2007-10-23│13:21 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。