eat humble pie とは、「自らの誤りを認める」「甘んじて屈辱を受ける」という意味です。

If you eat humble pie, you speak or behave in a way which tells people that you admit you were wrong about something.(コウビルド英英辞典より)

Anson was forced to eat humble pie and publicly apologize to her.
アンソンは自らの非を認め、公の場で彼女に対して謝罪させられた。

自らの誤りや非を認めることを「○○を食べる」という言い方で表すということは、その食べ物はあまりおいしい物ではなさそうな感じがします。

実は humble pie(ハンブル・パイ)とは、元々は、豚や鹿などの内臓(umbles)を使った umble pie(アンブル・パイ)というパイのことだったそうです。

umble pie は使用人など身分の低い人の食べ物で、彼らが自分たちの身分を皮肉って umble を humble(「身分が低い」や「卑屈な」「粗末な」などの意味) にしたのが、humble pie という言葉の起こりです。

臓物というと「モツ鍋」なんかを思い出しますが、彼らが食べた umble pie って、どんな味だったんでしょうね。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 2

り~やん  2006, 05. 07 (Sun) 02:19

ホルモンと似てるかな?

臓物系のことを関西ではホルモンって言いますよね。あれはもともと「放るもん」(捨てるもん)が語源だそうです。当時貧しかった在日朝鮮人が、日本人が食べないで「放るもの」を焼いて食べていたというのが始まりだようですが、humbleと少し似てるかな~と思いました。(言葉の発達的には逆?)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2006, 05. 07 (Sun) 09:56

り~やんさん

ホルモンって言われると、男性ホルモンや女性ホルモンのホルモンかと思ってしまいますが、そういうことだったんですね。知らずに聞くと、栄養があるというイメージなのかなあと思ってしまいます。今は日本人もホルモンを「放らなく」なっていますよね。

編集 | 返信 |