おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

半年がかりの謎解き


半年ぐらい前にCNNでニュースを聞いたときに、意味が分からずに書き留めた言葉がありました。つづりも分かりませんでしたが、発音はだいたい分かっていました。「コーク・アンド・スピリター」と聞こえました。

cork and spiriter というのを最初に調べましたが、そんな表現はどんな辞書やネットを探してもありませんでした。coke and spiriter も、違うようでした。

結局そのときはあきらめました。ところが、つい最近、またニュースで同じ言葉を聞き、やっぱり存在する言葉なのだと思って、ふたたびネットを検索するなどして謎解きに挑みました。でも、やっぱりだめでした。

その謎を、英語の勉強会の帰り際に思い出してネイティブの講師に尋ねたら、「悪いことを他の人と一緒にする人のこと」というように説明され、ハッと気がつきました。そう、「共謀者」という意味の coconspirator だったのです。

conspiration(陰謀、共謀)、conspire(陰謀をたくらむ、共謀する)、conspirator(共謀者)と同じ語幹からできている言葉です。

conspirator だけでも「共謀者」なのに、coconspirator という言葉があるのは面白い気がします。私が軽く調べた範囲では、両者の違いをはっきり説明している辞書などはないのですが、微妙なニュアンスの違いがありそうな気がします。

しかしよく考えたら、cork and spiriter と言ったつもりなのに、特に聞き返されることもなく cocospirator と聞き取ってもらえたのは、面白かったです。「掘った芋いじくるな」と言って What time is it now? と聞き取ってもらうより、確率が高そうです。
関連記事


トラックバック

コメント

はじめまして!
これって面白いですね!私も聞き取った音からつづりを推測して、辞書を引いたりすることがあるんですが、バッチリ当たることもあれば、結局見つからない時もあって・・。

この単語の場合は、ご存知とは思いますが、ラテン語の「co(共に、共通の)」から成句しているのでしょうか?

「coworker(共に、働く人=同僚)」とか「cooperate(共に、やりくりする=協力する)」のように。
  • 2007-09-14│11:48 |
  • 玉露 URL│
  • [edit]
玉露さん

はじめまして。音からつづりを推測するのって、難しいし、自分の中の語彙の蓄積がないと、なかなか近いところまで推測できませんよね。

coconspirator は、おっしゃるように conspirator に、ラテン語の「co(共に)」がくっついて成立している語だと思います。
  • 2007-09-14│12:21 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索