おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

英語勉強会の復習


今日は、先週の英語の勉強会の語彙を復習するため、自分のために書きます。勉強会では 1100 Words You Need to Know という本を使っていますが、1人で読んで勉強するのと違い、仲間とネイティブ講師がいて、しゃべりながら読み進めているので、少しは記憶への定着度が高いのではないかと思います。

先週の範囲は、この本の 21st Weekの 2nd Day と 3rd Day でした。内容は仏陀(Buddah)の話です。

[2nd Day]
インドの王家の王子ゴータマ・シッダールタは、ぜいたくな(lush)環境から抜け出して、自国民の中を旅します。そしてそこで、人々のひどい貧しさ(destitution)などに衝撃を受けます。旅から戻ると、自らの体験について深く考え込み(ponder)、人々の懇願(supplication)にも耳を貸さず、幾日も姿を現しませんでした。彼は、これまでの自分の暮らしが退廃(decadance)に満ちたものだったと感じ、これからは心を入れ替えて行いを改めようと決心します。

[3rd Day]
シッダールタは豪華な衣服を黄色い袈裟に着替えて外に出て、これまでの人生を罪とみなし、それに対する罪滅ぼしの苦行(penance)を行います。まずは修行者(禁欲主義者)(ascetic)になり、人々を救えるようにヒンズーの教えを学びます。6年間の気まぐれな(desultory)旅を経て、数名の弟子(disciple)を引き連れた彼は、ガヤと呼ばれる町の大きな木の下にやって来ます。そこに何週間も座って瞑想した彼は、大きな変貌(metamorphosis)を遂げます。悟りを開き、仏陀になったのです。


lush - ぜいたくな: 短い単語なので、逆にすぐに忘れてしまいそうです。気を付けて覚えておきたいです。

destitution - 極貧、ひどい貧しさ: institution(機関)の逆と覚えておこうと思います。例えば financial institution(金融機関)にはお金がありますが、その逆という連想です。

ponder - 深く考える: これは元々知っているので問題ありません。この本で取り上げる語彙にしては、珍しく基本的な語彙という気がします。

supplication - 懇願、嘆願、祈り: supplicate =「泣きつく」、「哀願する」という動詞の名詞形です。

decadance - 退廃、堕落: decay(ディケイ)=「朽ちる」、「腐る」に関連しています。ただし発音はデカダンスです。19世紀末のフランスの虚無的、耽美的な文学の一派もデカダンスと呼ばれるそうですね(言葉は聞いたことはあったけど、今回初めて確認しました)。

penance - 罪滅ぼしの苦行: 語源的に penalty などと関係してそうですね。「自分に対する罰」と考えると、覚えられそうです。

ascetic - 苦行者、禁欲主義者: 「苦行中の」や「禁欲的な」という形容詞も ascetic です。苦行から出る「汗」にこじつけて覚えようかと思ったりもします。

desultory - 気まぐれな、とびとびの、とりとめのない: 最初の「デ」にアクセントがあります。

disciple - 弟子:キリストの12人の使徒も、この disciple(ディサイプル)なので知っていました。覚えにくいのはつづりですが、「中にディスク(disc)がある」と覚えておこうと思います。語源的に discipline(ディシプリン=しつけ、訓練) と関係あるようなので、そこからつづりを思い出してもいいですね。

metamorphosis - 変態、変貌、大変身:メタモーフォシス(モにアクセント)という発音を覚えておきたいです。

こうしてあらためて見てみると、この本の学習単語って日常生活からかけ離れた難しい単語が多いですね。でも、普段の会話にはあまり使わなくても、ニュースや映画や新聞・雑誌の記事や本の中などには出てきそうです。
関連記事


トラックバック

コメント

おはようございます!
destitutionもpenanceもPass単に出てきましたが、なかなか覚えられない単語です。でもここで別の視点から見ることで覚えられそうです。

特にdestitutionがinstitutionの反対というのは思いつきませんでした。いいヒントをありがとうございます!
  • 2007-08-27│06:38 |
  • り~やん URL│
  • [edit]
り~やんさん

1つの単語も、いろんな視点で見ると、覚えられるヒントが見つかることがありますよね。逆にヒントが見つからなくて、いつまでたっても覚えにくい単語というのもありますが・・・。今回はお役に立ててよかったです。
  • 2007-08-27│11:29 |
  • Applecheese URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索