1992年にシカゴの郊外の職場に赴任したとき、日本人向けのスーパー「ヤオハン」(当時はまだ倒産していなかった)まで歩いて5分ぐらいの場所にアパートを借りましたが、通勤には車で30分ぐらいかかりました。Arlington Heights という町の南の端っこです。

2年目ぐらいになると、もうちょっと職場に近いところに引っ越したくなり、いろいろと引っ越し先を探しました。新聞の Classified Ad 欄(個人が売ります・買いますなどの広告を載せる欄)で良さそうなのを探して、電話したりもしました。

あるとき、電話をして物件を見せてもらう約束をしたあとで、やっぱり気が変わったのでキャンセルするつもりで電話をしました。「さっき電話した者ですが・・・」みたいに言うと、"Have a second thought?" と切り返され、Yes. と答えたのを覚えています。口からは出てきませんでしたが、その後、Exactly. と言いたい気分でした。

second thought:(THE FREE DICTIONARYより)
- A consideration of a decision or opinion previously made.
- Thinking again about a choice previously made.
- A desicion to reverse an earlier decision.

結局は、通勤の途中でいつも通り過ぎていたアパートが気になったので、そこを見に行って決め、引っ越しをしました。独身だったので荷物は少ない方でしたが、同僚1人に手伝ってもらい、トラックを借りて自分でやりました。

おそらく日本では普通免許では乗れないような大きさのトラックでしたが、あちらでは普通免許で乗れたので、妙にすごいことをしている気分になりました。(もちろん、ばかでかいトレーラーとかではないですが)
関連記事

スポンサーリンク


コメント 2

matilda  2007, 07. 04 (Wed) 08:53

お久しぶりです♪

ヤオハンが近いってことはすごく便利ですね♪
お値段もそこそこ?
昔、友人の住むニュージャージーのある町に行ったらヤオハンがあって、土鍋まで売っているのを見てビックリしました。
まるで日本みたい、と思った記憶が。

それにしてもApplecheeseさん、トラックを運転して一人で引越し!ってすごいです!i-183

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 07. 04 (Wed) 10:20

matildaさん

お久しぶりです。ヤオハンが近かったので、仕事帰りに寄って、割引になっているおかずなんかを夕食用に買って帰ったりしていました。

ヤオハンといえば、おっしゃるようにニュージャージーと、あともう1つサンノゼにもあったのですが、どちらも知人を訪ねたときに行ったので、私はアメリカにあるヤオハンの3店舗すべてを制覇していることになります。これらのヤオハンの店舗は今は Mitsuwa という名前になっているようです。

トラックで引っ越ししたのは今となっていはいい思い出ですが、何事も日本と比べるとサイズの大きいアメリカらしい体験でした。

編集 | 返信 |