アメリカ国内のマネーとビジネス関連のニュースです。

最初は牛肉の値上がりの話題です。バーベキューの季節を前に、過去2か月の間に牛肉の生産コストと需要が急上昇し、専門家は「ステーキハウスや市場にも、数週間のうちに影響が出てくるだろう」と言っている・・・という内容です。聞き取りやすいですね。

次は、「投資家は、今日発表された4月の新築住宅の販売統計に基づき、住宅市場の状況を改めて確認しています」という感じの一言から始まっています。Investors take another pulse of the housing market today with the report on new home sales for April. です。


take pulse「脈を取る」ですが、アメリカの住宅市場は不振だったので、脈を取るという言い方が使えるのだと思います。元気な人の様子を確かめるのに、脈を取るという比喩は似合わないでしょうから。

When someone takes your pulse or feels you pulse, they find out how quickly your heart is beating by feeling the pulse in your wrist.(コウビルド英英辞典より)

ポールソン財務長官(US Treasury Secretary Henry Paulson)は「住宅市場の不振(housing slump)は終結に近づいている」と言っているようです。

あとは、ペプシに会社の秘密情報を100万ドル以上で売ろうとしたコカコーラの元秘書が、懲役8年の有罪判決を受けた(eight years behind bars)とも言っています。どんな秘密だったのか、気になりますね。ちゃんとした役に立つ情報を売ろうとしていたのでしょうか?

残りは株価が下落したという情報と、中国とアメリカの政府間協議の結果を見て市場に少し安心感が広がったという内容です。2012年までに両国間の旅客機のフライトを倍増することなど、いくつかの合意がなされたようですね。でも、中国人民元が安すぎる問題についての協議には進展がなかったようです。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 0