「デマ」の語源は「出まかせ」だと思っていた・・・というのは冗談ですが、実際のところ、考えたこともありませんでした。

ところが、以下の動画に出てくるある英単語が、「デマ」と関係あるのではないかと思えてきて、調べてみたら、どうやら関係がありそうです。

以下は、前に「英単語3つで歌えるアメリカの歌」で紹介した Hugh Laurie と、相方(?)の Stephen Frye のお笑い番組"A Bit of Fry & Laurie" で放送されたコントのようです。ここでは、Stephen の方が主役です。


アクセントは完全にイギリス風です。早口なので聞き取りにくい部分も多いですが、早口だから面白いのだとも思います。「デマ」に関連する言葉は、最初の方に出てきます。

"By demagoguery you mean?" - "By demagoguery I mean demagoguery." - "I thought so." という部分です。

demagoguery(デマゴガリー) とは、英和辞典には「民衆扇動」と書いてあります。人々の感情をあおろうとする政治的な手法のことのようです。

コウビルド英英辞典には、demagogy(デマゴジー)とも言うと書いてあるので、その定義を引用しておきます。

You can refer to a method of political rule as demagogy if you disapprove of it because you think it involves appealing to people's emotions rather than using reasonable arguments.

英和辞典には、"単なる「うわさ」の意味での「デマ」は rumor" と書いてありましたが、今の日本語のデマの方は、逆にほとんど「うわさ」の意味でしか使わないような気がします。
関連記事

Tag:コメディ イギリス英語 動画.Fry&Laurie


スポンサーリンク


コメント 0