以前、ある会社のミーティングに出たときに、出席者の一人が製品を口コミでPRしたいという意味で、日本語で「マウス・トゥ・マウスで」と言ったのですが、「マウス・トゥ・マウスされたら気持ち悪い」というツッコミが入り、笑ってしまいました。気持ちは分かりますが、マウス・トゥ・マウスには、口コミという意味はないでしょう・・・。

もし英語で「口コミで」と言いたければ、by word of mouth が使えます。

If news or information passes by word of mouth, people tell it to each other rather than it being printed in written form. (コウビルド英英辞典より)

口コミというと情報が口伝えで多くの人に広まるイメージがありますが、word of mouth は、多くの人々の間には広まらない、単なる「口頭で」の場合にも使われます。以下、新編英和活用大辞典から引用します。

◇The rumore spread through word of mouth. そのうわさは口伝えで広まった
◇an answer by word of mouth 口頭の返事
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 6

YJ  2007, 05. 09 (Wed) 07:56

すごく笑ってしまいました。
確かに口移しで、ものの評判を伝えられると結構気持ち悪いですね(笑)
ソフトウェア関係の仕事は私も、先月、先々月とかなり苦しまされました。短く切ってもらうなど、スピーカーの協力があれば大分ラクだと思います。頑張ってくださいね!

編集 | 返信 |  

bibinba  2007, 05. 09 (Wed) 16:58

わ、わたしも一瞬「え、え~!」と思ってしまいました。(笑)
とてもイメージしやすいイディオムですね!

By the way, Applecheese-san's blog spread through word of mouth, didn't it ?

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 09 (Wed) 18:45

YJさん

ありがとうございます。今、初日を何とか乗り切って自分の事務所に戻ったところです。3分の1ではなくて、なんとか半分か3分の2ぐらいは伝えられた気がします。明日は、同じ内容のプレゼンを場所を変えてやります。

ウワサや評判はただの友だちや知らない人にでも軽く話せて広められますが、口移しはできないですよね!

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 09 (Wed) 18:47

bibinbaさん

私のブログを口コミで広めてくれている人がいたら、うれしいです!そういうことって、あるのかなあ。口移しで広めてくれている人は、いないと思いますが・・・。

編集 | 返信 |  

Jenny  2007, 05. 09 (Wed) 21:25

ぎゃあ~ビジネスマンがmouth to mouthで広めている図を思い描いてしまいました。怖い・・・(^_^;)
「そんなわけないでしょ」って私も思いながら英辞郎でチェックしたら
「by mouth-to-mouth advertising」ってのが「口コミで」の意味で載ってました。でもどうしても人工呼吸のイメージです。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 09 (Wed) 21:31

Jennyさん

>「by mouth-to-mouth advertising」ってのが「口コミで」の意味で載ってました。でもどうしても人工呼吸のイメージです。

ありがとうございます。私も人工呼吸を思い浮かべて笑ってしまいましたが、そういう使い方もあるんですね。調べてみることも思いつきませんでしたが、勉強になりました。

編集 | 返信 |