昨日のリスニングの続きです。ビデオの後半からです。


(Coach) Cheerleading sounds a little funny for a weight-lifter, but because of the jumping and the things they are doing, that's what you want in weight-lifting, being able to jump explosively.

(Turnbull) Actually I didn't want to go to college on a cheerleading scholarship. Cheeleading was my life. I never expected to be a weight-lifter, and my coach was like 'Hey, come out for the team. And I tried it, and I was like 'Oh, I like this environment, I like this weight-lifting thing.' I think I'm going to stick with this.

(Coach) She's got more potential than she think she has. Her potential is just unravelling.

(Turnbull) I may not have these world records right now, but who is to say in five years that I can grapple with those. I mean I believe in myself. I know that if I work hard enough, I can go somewhere.

赤の部分は、自信がありません。

青の部分、Who is to say ~? という言い方は、今回初めて知りました。どうやら、「~だと誰が言えるだろうか」「~かどうかは誰にも言えない(分からない)」という意味のようです。Googleで "but who is to say" を検索したら、よく分かると思います。

◇Feminism is about choice, but who is to say what that choice is or which choice is the correct one?

辞書で be を調べると、たいていは、be to~ の説明として、be to~ には、義務、予定、当然、運命、可能などの意味があると書いてあります。この who is to say の場合は、可能ですね。

「今私は世界記録を持っていないけど、例えば5年先に私が世界記録に挑戦できないとは、誰も言えないと思う」と言っているのだと思います。また、そうすると、in five years I can ・・・ ではなくて、in five years I can't ・・・ なのかもしれません。

一生懸命努力をしたら、何かを成し遂げられる・・・とも言っていますね。こういうコメントを聞くと、やっぱりスポーツ選手はこれぐらい前向きでないと・・・と思います。北京五輪で見たら、応援してしまうかもしれません。

あと、意味的に納得がいかないのは、チアリーディングの奨学金で大学に行きたくはなかった・・・というところです。大学に行かずにチアリーディングに専念したかったということなのでしょうか?・・・よく分かりません。

リスニングの間違いを見つけたり、こうではないかと思う部分があったら、ぜひ教えてください。

関連記事

スポンサーリンク


コメント 0