英語のリスニングをお願いします!チアリーダーからウェイトリフターに転向した人の紹介です。

この人本人の言葉が、早口で聞き取れない部分が多いです。この人のくせの1つは、最近の若者に多いように思うのですが、I'm like ... とか They're like ... というようにして、「私は~と言う」「彼らは~と言う」と言っているところです。少し長いので、とりあえず前半だけにしておきます。


(Narrator) Strength, power, quickness: talents possesed in abundance by our sports icons and larger-than-life superstars. But in the sport of weight-lifting, size plays no part, and the greatest strength can often be found in the most unlikely specimens.

(Turnbull) Strangers are always surprised. People that are here for *** will be like, you know, 'what sport do you? You are a gymnast. Or are you a gymnast? Or are you, you know, this or that?', and I'm like, 'No, I'm a weight-lifter.' They're like 'No. No. You are too little.'

(Turnbull) Snatch *** *** *** ***, straight overhead, I can do a hundred and fifty-six pounds. And *** *** clean and jerk, I can do a hundred and eighty-seven pounds. I weigh about one-fifteen.

(Narrator) There's an unusal arc to the athletic career of Samantha Turnbull. She started as a competitive cheerleader, a descipline that despite of appearances laid the foundation of speed and flexibility that have made her one of the strongest American Olymipic hopefulls in the sport of weight-lifting.

赤い***で示した3箇所が分かりませんが、最後の2つは重量挙げの専門用語が関係しているかもしれませんね・・・。最初のは、camps に聞こえるような気もします。あと、それ以外にも間違っている部分があるかもしれません。

1つだけ、語彙をチェックしました。larger-than-life は、英和辞典では、「並はずれた」「英雄的な」とありました。

larger-than-life
- very imposing or impressive; surpassing the ordinary (especially in size or scale) (THE FREE DICTIONARYより)

ところで、小さい体でチアリーダーからウェイトリフティングに転向というのは確かに意外ですが、Turnbull さんというファミリーネームは、かなりウェイトリフティング向きな気もします。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 6

YJ  2007, 05. 02 (Wed) 00:21

うーん、すごく聞き取りにくいですね。。。
合ってるかどうか、全然自信はありませんが、
最初のは、camps に聞こえ、
二つ目は、snatch is right after gun, 三つ目は、and in like のような幻聴がします。。。あとで、隣のネイティブにも聞いてみます。今、ドラマの"House"に夢中です。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 02 (Wed) 08:10

YJさん

ありがとうございます!さすがですね。それでも、やっぱり聞きにくいんですね。

3つ目の and in like は、私もそう聞こえてきました。意味も合いますね。1つ目もやっぱり camps でしょうか。体操選手と間違われるというから、いろんな競技の選手が集まって練習している施設なんでしょうね。2つ目も、確かに snatch is right after gun に聞こえるような気がしますが、まだどうも確信が持てません。合図の直後に持ち上げるってことなのかなあ・・・。

編集 | 返信 |  

YJ  2007, 05. 02 (Wed) 21:56

夫に協力して貰いました。

一つ目は、6-7回聞いても、はっきり分からず、"counsel"かなぁ、とのこと。cancerに聞こえるそうですが、文脈に沿わないので、近い言葉としたら、それぐらいしか浮かばないそうです。
二つ目は、"which is straight off the ground" 三つ目は"and on a"なのだそうです。

私のは出鱈目でしたね~。失礼しました。でも、ネイティブの彼でも、何度も聞きなおしていましたので、ノンネイティブの私達が聞こえなくても、当たり前、と変に開き直っています。

編集 | 返信 |  

pikayuko  2007, 05. 02 (Wed) 22:24

聞きにくいですね

一つ目はpeople that come here can say like

みたいに聞こえなくもないのですが ・・・これも、文脈に合わないですよね~
大学時代のリスニングの授業を
思い出しました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 02 (Wed) 22:25

YJさん

ありがとうございます。1つ目は難しいんですね。snatch which is straight off the ground は、納得です!3つ目の and on a も、言われてみればそうですね。う~ん、やっぱりネイティブスピーカーは違いますね!お礼をお伝えください!

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 05. 02 (Wed) 22:32

pikayukoさん

挑戦ありがとうございます!やっぱり1つ目は「キャ」と「セ」が聞こえますよね。本当の答えは謎ということにしておいていいかなあと思いかけています。

編集 | 返信 |