釘は、頭の部分を叩かなければちゃんと打ち込むことはできませんが、慣れていなかったり、不器用だったりすると、ちゃんと頭を叩くことができず、うまく打ち込めないことがあります。

打ち込むべき壁や板の方を叩いてしまったり、釘を持っている指を叩いて痛い目に遭ったりという経験のある人も多いのではないでしょうか。私も、身に覚えがあります。

hit the nail on the head は、「正しいことを言う」とか「正確に要点をつく」という意味で使われるイディオムです。

If you say that someone has hit the nail on the head, you think they are exactly right about something.(コウビルド英英辞典より)

◇"I think it would civilize people a bit more if they had decent conditions." - "I think you've hit the nail on the head."
「生活条件がましになれば、人々はもう少しまともに振る舞うようになると思う」 - 「それは、いいところを突いていると思う」

◇You hit the nail on the head when you compared her to an angry tigers.
あなたは彼女を怒ったトラにたとえましたが、まさにぴったりのたとえでした。

「図星である」とか「的を射る」とも言えますね。また、hit the nail right on the head というように、間に right を挟むと、正確さをより強調できる感じがします。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 1

-  2007, 04. 16 (Mon) 06:08

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |